ミニLEDはフェードアウト?

14インチiPadは開発中止、有機EL版iPadが2024年発売との情報

Image:Hadrian/Shutterstock.com

11インチおよび12.9インチiPad Proの後継モデルが、ゆくゆくは有機ELディスプレイを採用するとの噂話は何度か伝えられてきた。しかし、新たに「11インチ」と「13インチ」サイズのProモデルが2024年に発売されるとのアナリスト予測が伝えられている。

信頼性の高いディスプレイ専門アナリストRoss Young氏は、これまでも2024年に有機EL版iPad Proが登場すると予想してきた。が、それぞれ11.1インチと13インチにサイズが改められると述べたのは、今回が初めてのことだ。

ただし両モデルとも筐体が大型化するのではなく、ベゼルを細くすることで画面を大型化する可能性があるようだ。

現在、12.9インチのiPad ProはミニLEDバックライト液晶ディスプレイを採用し、11インチには従来型の液晶ディスプレイが搭載されている。しかし2024年のモデルチェンジで、iPad Proの2モデル間の仕様格差がなくなり、以前のようにサイズの違いだけとなるのかもしれない。

Young氏から話を聞いたMacRumorsは、2024年まで新型iPad Proが登場しない可能性を示唆している。有機ELへの移行に先がけて中間アップデートがあるかどうかは不明としつつも、(おそらくYoung氏やその他の情報筋に基づき)アップルはミニLED版11インチiPad Proをリリースする予定はなく、直接、有機ELにシフトする予定と述べている次第だ。

台湾DigiTimesや韓国The Elecといった電子産業メディアは、サムスン等がiPadやMacBook向けの有機ELパネルを開発中であり、2024年に投入されるとの見通しを繰り返し伝えてきた。Apple WatchやiPhoneなどアップルの小型機器は有機ELを採用済みだが、大型製品もそれに続く流れのようだ。

またYoung氏は以前、「14.1インチiPadが2023年初めに発売される」と述べていた。今回はそれを撤回し、そんなデバイスはもはや開発されていないと語ったそうだ。

とはいえ、独自の情報源を持つThe Informaitonは16インチの巨大iPadを開発中だと報じ、Bloombergもアップルが大型iPadを模索していると述べていたこともあり、まだ可能性は残されているのかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー