水滴型ヒンジが折りたたみ機の主流となりそう

Google初の折りたたみ機「Pixel Fold」モックアップが流出

Image:Dave2D/YouTube

Google初の折りたたみ式スマートフォン「Pixel Fold」は何度も発売延期などの危機を乗り越えながらも、ようやく年内に登場すると予想されている。これまでは性能の数値やレンダリング画像が届けられるに留まっていたが、今回「ケースモデル」(おそらくモックアップの意味)と称されるものが公開されている。

YouTuberのDave2D氏は、このケースモデルがGoogle社内で開発中の本物と比べて「寸法的に正確」だと主張している。もちろん中身のハードウェア部品はないものの、そのデザインや形状はこれまでのリーク情報と一致しているようだ。

まず広げた状態での厚みは5.7mmで、Galaxy Z Fold4(約6.3mm)よりも0.6mm薄い。また画面の横幅がZ Fold4よりも広いことも、有名リーカーOnleaks氏が明かした寸法データと符合している。外側ディスプレイが5.79インチ、内側のディスプレイが7.69インチという数値も同様である。

この画像はDave2D氏がCG加工したものであり、画面表示は実物ではないことに注意(Image:Dave2D/YouTube)

そして画面を開いた状態では、ディスプレイ周りのベゼルが現在の感覚からするとやや分厚い。つまり、パンチホール(画面内の穴)やアンダーディスプレイ技術(自撮りカメラを画面下に置き、パンチホールを開けない)を使わずとも、ベゼル内に自撮りカメラが置けるということだ。

Image:Dave2D/YouTube

また折りたたみ状態では、Galaxy Z Fold4のような隙間ができず、左右の画面が密着して閉じている。 これはOppo Find N2のように、本体をたたんだときにディスプレイの端がヒンジ内部に少し収納される「水滴型」ヒンジを採用することを意味している。ちょうど次期「Galaxy Z Fold5」も同じアプローチを取ると噂されており、今後は水滴型ヒンジが本格的に折りたたみ機のトレンドとなるかもしれない。

Image:Dave2D/YouTube

さらに動画では、スピーカーが展開時の左上と右下にあり、どの向きであってもステレオサウンドが楽しめるかもしれないと指摘されている。サムスン製品は左側面の上下にスピーカーがあり、Oppoは左右の折りたたみ画面の下部に配置しているのとは異なる構造だ。

動画の最後でDave2D氏も指摘しているが、Googleが折りたたみ機を投入する最大の意義は「Androidの折りたたみデバイス全般における、ユーザー体験の統一・改善」に繋がりうることだろう。

これまで折りたたみ画面での操作性は個々の企業が試行錯誤を続けていたが、Androidの本家本元であるGoogleがOSレベルで調整することで、全てのAndroid折りたたみ機の使いやすさが改善すると期待したいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー