Apple WatchへのマイクロLED採用は2024年か2025年?

アップル、独自開発ディスプレイを2024年に投入?サムスン等への依存を減らす狙いか

Image:ED Reardon/Shutterstock.com

つい先日、Apple Watch Ultraの2024年モデルにマイクロLED技術が搭載され、より広い画面になるとのアナリスト予測が報じられたばかりだ。それに続き、アップルが2024年から独自開発のディスプレイをモバイル製品に採用するとの有力情報が届けられている。

アップルの未発表製品に精通するBloombergのMark Gurman記者は、同社が2024年末までに「最高級のApple Watch」のディスプレイ技術を変更する準備を進めている、との趣旨を述べている。新型ディスプレイは、現在の有機ELと同じ利点を持ちながら、より高い輝度と鮮やかな色を実現するマイクロLED技術をベースにする予定とのことだ。

また、この問題に詳しい情報筋は、新型ディスプレイではより良い角度でコンテンツを観賞でき、現行のApple Watchと比べれば全てが「ガラスの上に描かれている」ように見えるという。Gurman氏はApple Watchのどのモデルかは特定していないが、「最高級」と冠していることから、やはりUltraモデルを示唆しているようだ。

今回の記事でさらに興味深いことは、アップルがサムスンやLGディスプレイなどパートナー企業への依存を減らすため、モバイル機器に独自のディスプレイを採用する計画だと主張している点だろう。この動きは、ちょうど同社が独自モデムチップやWi-Fi/Bluetoothチップを自社開発し、いずれはクアルコムやBroadcomとの取引を打ち切るつもりという報道とも符合している。

以前からアップルがマイクロLED開発に力を注いでいることは噂されており、台湾の工場に3億3000万ドルもの投資を検討していると報じられたことがある。

しかし、数年先にせよ、最先端のマイクロLEDディスプレイは有機ELやミニLEDディスプレイ(バックライトにミニLEDを採用した液晶画面)よりもかなり高価なはずだ。そのため、アップル製品の中では小型なApple Watchが最初に採用するのは、コスト的にも順当と思われる。

信頼性の高いディスプレイ専門アナリストRoss Young氏も、近い将来マイクロLEDがApple Watchに搭載されると予想している。しかしYoung氏の時間軸では「2024年からApple Watch用マイクロLEDのパネル生産を開始し、2025年春にリリース」とされており、1年ほどのズレがあるようだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー