やはり本命は来年の「A17 Bionic」かも

iPhone 14 Pro搭載「A16 Bionic」、アップルが3年前のA13と比べた真意は?

Image:Apple

アップルは8日深夜の「Far Out」イベントで、iPhone 14シリーズをはじめ、新AirPods Pro、Apple Watch Series 8/SE(第2世代)/Ultraまで、多彩な製品群を発表した。それらを共通して支えるのが、同社が独自開発したSoC、いわゆるAppleシリコンである。

今回のイベントでブランド名を出して言及されたのは、iPhone 14 Pro/14 Pro Max専用の「A16 Bionic」、および新AirPods Proに採用された「H2」チップの2つだ。かたやApple Watch Series 8/Ultraのチップには触れられていなかったが、これは「前モデルから中身は変わっていない」可能性が高い。アップルはチップの性能が向上していれば必ずアピールするし、そうでなければプレゼンでは何も言わず、あとで製品ページの仕様表にひっそり記載したりする。それを開発者などが解析した結果、旧モデルと同じだった…という前例もわりとある。

さて、iPhone 14シリーズに搭載されたチップについて、ざっと総括しておこう。まず最新プロセッサの「A16 Bionic」は、噂通りProモデル独占となった。

この措置は当初、半導体不足のためとの説もあったが、標準モデルとの性能差を広げることでProを魅力的に見せる、つまり平均販売価格を上げ、利益率を改善する狙いも透けて見える感がある。有名アナリストのMing-Chi Kuo氏も「高価なProモデルの出荷比率を上げる」との予想を述べていた。

ただし、有力となっていた「A16は(A15と同じ)5nmプロセス製造」との予想は外れ、実際には4nmプロセスだと発表された。ここでいう「5nm」「4nm」とは半導体の回路線幅であり、一般的には数値が小さくなればなるほど性能が向上し、消費電力が減ることになる。

では、目覚ましい性能向上があるかといえば、今のところ確かなことはいえない。A16の高性能コア×2と高効率コア×4という構成はA15と変わっていないし、トランジスター数も、前の150億個に対して160億個と微増に留まっている。

なによりアップル自身が、A16とA15を直接比べることを避けている。公式には「競合他社は3年前のiPhone11で導入されたA13よりまだ遅い。6コアCPUは何世代も前のもので、競合より40%速い」と語られていたが、やはり「iPhoneと比べるべきはiPhone」のはず。A16を引き立てるために3年前のA13を比較対象とされても、今ひとつピンと来なかった人もいただろう。

Image:Apple

やはり本格的なプロセッサーの革新は、3nm技術が使われる見通しの「A17 Bionic」以降のことになるかもしれない。とはいえ、スマートフォンの性能はプロセッサー単体ではなく、RAMの搭載量や周辺チップによるところが大きいため、発売後のベンチマーク結果を待ちたいところだ。

次にiPhone 14標準モデルに採用された「5コアGPUを搭載したA15 Bionic」だ。最近ではアップルもニュースリリースにCPUコア数を書くことは当たり前となっているが、それでも5コア版A15 Bionicと聞いて、直感的に意味が分かる人が多いとは考えにくい。

発表直前にも、iPhone 14標準モデルにはA15が続投するとしつつも、「A15の強化版が搭載される」とThe Wall Street Journalが報じていた。確かに以前、iPad Pro(2018)に搭載する「A12X」チップのGPUコアを、もともと無効化されていた1コアを有効化するかたちで7つから8つに増やした「A12Z」が、iPad Pro(2020)に採用されたこともあった。

だがそもそもA15は、iPhone用としてはGPUコア数が2種類ある、初のAppleシリコンだった。すなわち、iPhone 13 ProではGPUコアが5つ、iPhone 13標準モデル向けは4つという具合だ。その13 Pro向けチップを、1年後の標準モデルに “流用” したのだろう。

もっともGPUコア1つの違いで、iPhone 13 Proは先代のA14 Bionicよりグラフィック性能が55%も改善しており、標準モデルの15%向上を大きく凌いでいた。うわさ通りRAM容量も昨年の4GBから6GBに増やされているなら、iPhone 13標準モデルはゲーム向け端末として優秀かもしれない。

関連キーワード:

関連リンク

Gadget Gateの最新情報をフォロー