デザイン刷新でPlusも人気になる?

「iPhone 15 Pro」は狭ベゼルで“非常に美しいデザイン”になる噂

Image:Thanes.Op/Shutterstock.com

次期「iPhone 15」シリーズは今年の秋にリリースされると予想されるなか、高価なProモデルのベゼルが薄くなり、エッジの形状が「美しい」曲線になるとの噂が報じられている。

この噂の発信源は、有名リーカーShirmApplePro氏のツイートだ。同氏の的中率は100%ではないものの、iPhone 14 Proの画面からノッチ(画面上部の切り欠き)がなくなり「ピル+パンチホール(丸い穴と横長の穴)」に移行することや、iPhone 14全モデルに6GMのRAMが搭載されることを正確に予想していた。

まずiPhone 15シリーズの画面サイズは、先代のiPhone 14シリーズと同じになるとのこと。すなわちiPhone 15とiPhone 15 Proは6.1インチ、iPhone 15 PlusとiPhone 15 Pro Maxは6.7インチの構成を継承するようだ。これが本当だとすれば、標準モデルの「Plus」サイズは不人気にもかかわらず、あと1年は生き延びることになる(そのため値下げの噂もあるが)。

次に、iPhone 15 Proモデル(2種類)は先代よりも薄いベゼルを採用するという。そちらはハイエンドモデルに限られるが、iPhone 15の4モデル全てが、初めて曲面ベゼルを採用するとも付け加えられている。

iPhone 15の全モデルが曲面ベゼル、つまり端が丸みを帯びるとの予想を、ShrimpApplePro氏は昨年11月にも述べていた。筐体の前面は角張っているが背面の縁取りが曲線というデザインは、iPhone 5cに似ているそうだ。この方向性は、最新の14インチ/16インチMacBook Proのそれに近い。

さらにShrimpApplePro氏は、「ベゼルが薄くなり、縁取りがカーブを描く」ことをApple Watchになぞらえている。特に「iPhone 15 Pro Max(ないしUltra)につき、情報源は「非常に美しい」と評しているそうだ。

ほか、iPhone 14世代ではPro限定だったDyamic Islandが次期4モデル全てに採用されつつ、「ピル+パンチホール」デザインの変更はないとの噂が再確認されている。またディスプレイ保護は引き続きセラミックシールドが採用され、特に改良はないようだ。

もっともiPhone 15 Pro(Ultra)に関しては、従来のステンレススチールよりも頑丈なチタン製になるとの噂が、複数の情報源から伝えられてきた。最も高価なモデルだけ特別仕様として差別化を広げ、iPhoneのASP(平均価格)を高める戦略の一環なのかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー