15世代では標準モデルも魅力的になりそう

「iPhone 15」は全モデルがDynamic IslandとUSB-C搭載、Proはチタンフレームとの有力情報

Image:Framesira/Shutterstock.com

今年(2023年)の「iPhone 15」シリーズについて様々な予想が出ているなか、iPhone 14世代ではProモデル限定だった「Dynamic Island」が、2つの標準モデルにも搭載されるとの有力情報が届けられている。

この噂の発信源は、アップルの内部事情に詳しいBloombergのMark Gurman記者だ。ニュースレター「Power On」最新号によると、iPhone 15シリーズの画面サイズはiPhone 14系と同じとのこと。すなわち6.1インチの「iPhone 15」と6.7インチの「iPhone 15 Plus」、6.1インチの「iPhone 15 Pro」および「iPhone 15 Pro Max」といった構成になるようだ。

このうち最上位モデルのiPhone 15 Pro Maxについて、Gurman氏はApple Watch Ultraに続き、製品名が「iPhone 15 Ultra」になる可能性があると示唆していたことがある。

またDynamic Islandとは、iPhone 14 Proモデルの画面上部にあるパンチホール2つ(錠剤型と丸型)を含む領域であり、従来モデルのノッチ(切り欠き)に取って代わったものだ。iOSの仕組みにより、スポーツの試合結果等がリアルタイム中継されるライブアクティビティや基本的な操作ができるボタンが表示され、ユーザーからは好評を呼んでいる。

信頼性の高いディスプレイ専門アナリストRoss Young氏も以前、このDynamic IslandがiPhone 15の4モデル全てに搭載されると主張していたが、それがGurman氏によって補強された格好だ。

また今回のニュースレターでは、iPhone 15全モデルにLightningではなくUSB-Cポートが搭載されるとの予想も再確認されている。Gurman氏はそれ以上の詳細を述べていないが、有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone 15とiPhone 15 Plusでの転送速度はLightningと同じくUSB 2.0相当に留まるとの見通しを語っていた。

さらに、iPhone 15 Proモデルではステンレスに代わってチタン製フレームが採用され、触覚による音量ボタンが搭載されるという噂の裏付けも取られている。

このうち前者は、ShrimpApplePro氏ほか複数のリーカーから伝えられていた情報だ。また後者は、旧来の物理的に押し込む機械式に対して、触覚フィードバックによって擬似的に押し下げ感覚を演出する機構のこと。iPhone SEのホームボタンや最近のMacBookのトラックパッドのように、指の圧力を感知すると小さな振動を返し、押したと錯覚させるのである。

こうしたソリッドステートボタン(機械的な駆動部分がない感圧式)は、物理ボタンに不可欠な開口部をなくし、耐水性能を向上させられる。高い強度を持つチタン製フレームとともに、頑丈なiPhoneの実現につながりそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー