Appleシリコン版Mac Proはイベントで発表されそう

まもなくアップル新製品が発表?次期MacBook Proの可能性高し

Image:Jack Skeens/Shutterstock.com

次期14/16インチMacBook Proがいつ発表されるか、発売時期はいつ頃かは、様々な情報が錯綜してきた。が、ここに来て急きょ「1月17日(米現地時間)」、つまり日本時間で1月17日夜から1月18日未明にかけてプレスリリースにより発表される可能性が浮上している。

アップル未発表製品に詳しいリーカーJon Prosser氏は「明日のアップルNewsroom(新製品発表などのプレスリリースが掲載される公式サイト)から目を離すな」とツイート。この発言が、アップルの新製品がまもなく発表されると解釈されている次第だ。

米MacRumorsも、今週中に発表が行われる見込みだと裏付けが取れたとのこと。また来週に解禁される新製品のレビューに先立ち、今週末にプレスやメディア向けの説明会を開催するとの情報は、米9to5Macも入手したと述べている。つまり「もうすぐプレスリリース発表、来週にメディア関係者やインフルエンサーらに貸し出された製品のレビュー記事が公開」といった流れと推測される。

ほぼ時を同じくして、カナダの規制機関データベースに未発表のMacBook Proモデル「A2779」があり、1月11日に承認されたと報告されている。無線規格としては Wi-Fi 6Eをサポートするとのことだ。

現行の14/16インチMacBook ProはWi-Fi 6をサポートしており、周波数は2.4GHzと5GHzに対応している。Wi-Fi 6Eは、それらに加えて6GHz帯にも拡張された技術である。

すでに14/16インチMacBook Pro後継モデルの発表が近づいている兆候は、いくつかあった。まず昨年11月には、搭載プロセッサーの1つ「M2 Max」らしきベンチマーク結果が登場。そして12月には、2つの未発表MacがSteamデータベースから発見されていた

今回の発表では新型MacBook Proのほか、M2チップ搭載Mac miniのお披露目もあり得るのかもしれない。ほか、最近はAppleシリコン版Mac Proの噂も活発化しているが、こちらは大きなトピックスということもあり、プレスリリースで済ませずにWWDC(世界開発者会議、今年はおそらく6月開催)での発表となる可能性が高そうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー