Proと標準モデルの格差がさらに広がりそう

「iPhone 15 Pro」物理ボタン廃止の可能性がさらに高まる

Image:Apple

先日、2023年の「iPhone 15」のうちProモデルは、物理ボタンがなくなるとのアナリスト予測が報じられていた。それに続き、アップルのサプライヤーであるシーラス・ロジック(Cirrus Logic)社が、そのパーツを供給する可能性を漠然とほのめかしたことが明らかとなった。

米テキサス州に拠点を置くシーラス・ロジック社は11月初めの株主向け書簡で「戦略的顧客との関わり」を続け、「来年(2023年)にはスマートフォンに新しいHPMSコンポーネントを市場に投入する」との見通しを述べている。HPMSとは「High-Performance Mixed-Signal」の略であり、iPhoneのTaptic Engine用部品も含まれている。

ちなみにTaptic Engineとは、微小なモーターにより振動を発生させ、擬似的に押し下げ感覚を演出する(フォースフィードバック)仕組みのことだ。MacBookのトラックパッドにも搭載され、感圧センサーと組み合わせることで指に「押した」感触を与えている。

またシーラス・ロジック社のCEOは今月のアナリスト向け決算説明会で、この新たな部品の市場投入時期を「来年後半」に絞り込んでおり、ちょうど2023年9月に発売が予想されるiPhone 15 Proモデルと符合することになる。

国際金融グループBarclaysのアナリストによると、ここで言及された新コンポーネントは、iPhone 15 Proモデルに搭載される感圧式ソリッドステートボタン用Taptic Engineの一部になる可能性が高いとのことだ。

iPhone 15 Proモデルでの感圧式ソリッドステートボタンの採用、つまり「物理的に押し込むボタン」の廃止は、アップルのサプライチェーン情報に精通するアナリストMing-Chi Kuo氏も予想していることだ。Kuo氏は音量ボタンと電源ボタンがソリッドステート式に置き換えられ、Taptic Engineが2つ追加されると述べていた。

iPhone 15 Proモデルがソリッドステートボタンを採用すれば、防水性能が向上するとともに、ボタンが磨耗したり壊れる心配からも解放されるだろう。その一方で標準モデルは物理ボタンのままだとすれば、iPhone 14世代以上にProモデルとの格差が広がることになりそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー