完全ポートレス化の布石かも

「iPhone 15 Pro」は物理ボタンがなくなる可能性

Image:Hopix Art/Shutterstock.com

来年(2023年)の「iPhone 15」シリーズのうち高価なProモデルは、iPhone 14世代よりも標準モデルとの差別化が著しくなると噂されている。

そんななか、iPhone 15 Proモデルの音量ボタンと電源ボタンは感圧式のソリッドステートに変更されるとのアナリスト予測が報じられている。

アップルのサプライチェーン情報に精通するアナリストMing-Chi Kuo氏は「最新の調査」の結果として、来年のiPhone 15 ハイエンドモデル2機種(ProおよびPro Max)では、音量ボタンと電源ボタンが、物理的に押し込む機械式ボタンから、iPhone 7/8/SE第2世代および第3世代(のホームボタン)と同じソリッドステート式に替わると述べている。

ここでいうソリッドステートボタンとは、触覚フィードバックによって、擬似的に押し下げ感覚を演出する機構のことだ。iPhone 8などのTouch ID内蔵ホームボタンに採用されており 、MacBookのトラックパッドにも搭載されている。要は指の圧力を感知すると小さな振動を返し、押したと錯覚させているわけだ。

新たなiPhoneでは、内部の左右にTaptic Engineを追加搭載し、あたかも物理ボタンを押しているかのような感触を与えるという。この変更により、各iPhoneに搭載されるTaptic Engineの数は1つから3つに増えるとのことだ。

数年前、Apple Watchもソリッドステートボタンに変更すると噂されていたが、結局は実現しなかった。当時はボタンを感圧式にすることで防水性が改善され、内部スペースも少なくて済むと言われたが、iPhoneでは3つものTaptic Engineを積むために、逆に占有スペースが増えそうではある。

とはいえアップルは、ゆくゆくは「iPhoneのポートレス化」を実現すると見られている。米国版iPhone 14シリーズでの物理SIMスロット廃止もその一環であり、iPhone 15 ProモデルでのUSB-C採用(ほぼ確実視されている)も完全ワイヤレス充電=充電端子をなくす過渡期に過ぎないとの予想も有力だ。ボタンを感圧式に変えれば物理的な開口部もなくなり、ポートレス化の方向とも合致する。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー