フルモデルチェンジは廉価iPadだけかも

iPadOS 16.1は10月末配信、同時期に新ハードも発表か

Image:NYC Russ/Shutterstock.com

アップルは8月、iPadOS 16のリリースを10月まで遅らせることを発表した。そして9月にiOS 16が正式に公開され、「iOSとiPadOSの最新版が同時に配信されない」事態となっている。一般ユーザー向けのiPadOS 16は配信されず、いきなりiPadOS 16.1から始まる見通しだ。

このiPadOS 16.1が、ハードウェア新製品の発表に合わせて10月末にリリースされるとの噂が報じられている。

アップルの内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者は、iPadOS 16.1は新たなバグや問題がない限り「10月24日の週にリリースされる」とツイートしている。この期間は、10月の最終週にあたる。

さらにGurman氏は、アップルは10月の決算発表と同じ週に新製品を発表する傾向がある、とも指摘している。すでに同社は2022年第4四半期の業績発表を10月27日に行うと予告していることから、この発言はiPadOS 16.1とともに新型iPadも発表されると示唆しているようだ。

実際にはどうかと言えば、例えば14/16インチMacBook Pro(2021)の発表は10月18日で、一方2021年の第4四半期業績発表は10月28日だった。つまり「同じ週」ではなかった。

そうした誤差はあるとはいえ、Gurman氏は何らかの情報源をもとに発信しているはずであり、「10月の最終週にiPadOS 16.1がリリース、新型iPadも発表」となる可能性は高いと思われる。

数週間前、Gurman氏はアップルが10月にイベントを行わず、新製品はプレスリリースで発表すると報じていた

2019年3月にも新型iPad AirやiPad mini、iMacやAirPodsを連日、ウェブサイトのみで発表した前例がある。これらはデザイン刷新を伴わないマイナーチェンジだったが、次期iPad Proや14/16インチMacBook Proも、基本的にはプロセッサーの載せ替えだけと見られている(iPad Proはワイヤレス充電対応の噂もあるが)。

しかし第10世代iPadはデザインが一新され、A14BionicチップやUSB-Cポート搭載など全面的なモデルチェンジになるとの説が有力だ。もっとも、あくまで廉価モデルであり、イベントの主役としてはもの足りないかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー