アプリ開発者が大きな影響を受けそう

iPadOS 16の配信、iOS 16より遅れる見通し。最初のバージョンは「16.1」から

Image:Apple

今年のiPadOS 16は、iOS 16よりも1ヶ月遅れるとの噂が伝えられている。例年であれば、iOSとiPadOSのメジャーアップデートは同時にリリースされていた。

その噂話を裏付けるように、アップルがiPadOSのリリースを延期することを認める声明を出したことが明らかとなった。それとともに、開発者向けにはiPadOS 16.1のベータ版が配信開始されている。

もちろんアップルは、バグなど品質上の問題があるからリリースが遅れると直接には言っていない。米TechCrunchへの声明では「今年はiPadOSにとって大きな年」であり、今後は「独自のスケジュールで提供する柔軟性を持つことになる」と主張している。

かつてiPhone用とiPad用のシステムソフトウェアは、どちらもiOSで統一されていた。そこからiPad用の「iPadOS」が独立したのは、2019年9月のiPadOS 13だ。それ以降もiOSとiPadOSの最新版は同時に配信され続けてきたが、今後は時間軸も分けることで、さらに独自の道を歩むということだろう。

そしてアップルは同声明で「iPadOSはiOSの後に、バージョン16.1として無償のソフトウェア・アップデートで出荷される予定」と付け加えている。一般ユーザー向けのiPadOS 16は存在せず、いきなりiPadOS 16.1から始まるわけだ。

アップルの内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者は、iPadOS 16はステージマネージャの体験を完璧にするため、iOS 16よりも開発に時間がかかると述べていた

このステージマネージャは、iPad上で初めてフローティングウィンドウ、すなわち複数アプリを実行して窓を重ね合わせる機能だが、まだ少なからず調整が必要なようだ。

ベータ版のユーザーからも不満の声が上がっており(秘密保持契約違反ではないかとの指摘もあるが)本機能がiPadOSの未来であるなら急ぐ必要はなく、2023年春まで遅らせたほうがいいとの提案もあった。また、ステージマネージャがM1チップ搭載iPadに限られていることにも批判が寄せられていた。

最近の噂では、アップルは10月にM2 iPad Proや第10世代iPadを発表すると予想されている。それまでiPadOS 16のリリースを見合わせるのは、iPad全般に注目を集めるためにも理に叶っているだろう。

もっとも、iOS 16とiPadOS 16の配信時期がずれると、アプリ開発者に大きな影響を与える可能性も指摘されている。

なぜなら多くの開発者は、iOS 16とiPadOS 16共通のAPIでユニバーサルアプリを作っており、両者を分離する方法がないからだ(iOS 16対応のユニバーサルアプリはiPadOS 15.Xでは動かない)。唯一の解決策は、iPadOS 16がリリースされるまで、新アプリの公開や既存アプリの更新を遅らせることだ。

これまで最新のiOSとiPadOSのリリース時期を同時としてきたのは、それなりの理由があるはず。アップルとしても諸々の事情があるとして、大きな混乱を招かないよう望みたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー