920後継のハイミドルSoC

MediaTek、2億画素カメラに対応した新SoC「Dimensity 1080」発表

Image:MediaTek

台湾MediaTekは10月11日、5G対応の新SoC「Dimensity 1080」を発表した。Dimensityシリーズは3桁と4桁の型番が混在しており、少々わかりにくいのだが、Dimensity 1080はDimensity 920の後継となるハイミドルなSoCだ。

6nmプロセスで製造されたDimensity 1080は、big.LITTLE構成のオクタコアCPUを搭載。big側は2つのArm Cortex-A78でDimensity 920から変わっていないが、最大クロックが2.5GHzから2.6GHzにアップしている。GPUもDimensity 920と変わらずArm Mali-G68を搭載する。

比較的大きな変更点としては、2億画素のカメラに対応し、独自の画像信号プロセッサ(ISP)であるImagiqをサポート。最大4K解像度の動画を処理するハードウェアアクセラレーションによる、HDRビデオ録画エンジンが統合されていることが挙げられる。

ほか、Dimensity 920同様、HyperEngine 3.0ゲーミング拡張機能や、サブ6GHzの5G通信やWi-Fi 6にも対応する。Dimensity 1080を搭載したスマートフォンは、2022年第4四半期に発売予定とのことだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー