M1モデルでも外部ディスプレイ出力はいったん棚上げ

iPadOS 16ベータ、古いiPad Proでもステージマネージャが使えるように。ただし外部ディスプレイ非対応

Image:Apple

次期iPadOS 16での最大のアップデートは、複数のウィンドウを重ね合わせたりサイズが変更できる「ステージマネージャ」機能だろう。この本格的なマルチタスク機能は注目を集めるとともに、M1チップを搭載したiPadのみに利用が限られることが不満の声を呼んでいた。

それが、最新の開発者向けiPadOS 16ベータでは、非M1の古いiPad Proでも動くようになったと報告されている。

米Engadgetによると、11インチiPad Pro(第1世代以降)と12.9インチiPad Pro(第3世代以降)でもステージマネージャは動作しているという。つまりA12XとA12Zチップを搭載した、2018年~2020年モデルで利用可能になったわけだ。

ただし、これらの旧モデルではステージマネージャの強みである「外部ディスプレイへの表示」ができないという。iPadの内蔵ディスプレイでしか動かない、とのことだ。

またアップルは、(数ヶ月前の初期ベータ版から存在していた)M1 iPad向けステージマネージャについても外部ディスプレイ対応を削除すると述べているそうだ。もっとも削ったままではなく、年末のソフトウェア・アップデートで再導入する予定だという。

ステージマネージャ+外部ディスプレイについては、数分ごとにアプリがクラッシュしたり、UIが崩れるとの声がかなり上がっていた。アップルが本機能をいったん棚上げし、水面下で改善に取り組むのは理に叶っているだろう。

アップルは今回の対応につき、Engadgetに対して声明を出している。要点を抜粋すると、まず最大8つのアプリ動作(内蔵と外付け画面、それぞれ4つずつ)を含むマルチディスプレイ対応は「M1ベースのiPadのフルパワーがあってこそ可能」とのこと。

そして「iPad Pro第3世代、第4世代をお持ちのお客様からは、iPadでステージマネージャを体験したいという強いご要望を頂いています。これを受けて、私たちのチームは、これらのシステム向けに、iPadの画面上に最大4つのライブ・アプリを同時にサポートする1画面版を提供する方法を見つけるべく、懸命に取り組んできました」とも述べられている。

つまりM1チップ搭載モデル(第5世代iPad Air含む)は最大8つのアプリと外部ディスプレイが使える予定だが、今のところは保留。そしてA12XとA12Z搭載iPad Proは内蔵ディスプレイのみで、最大4つのアプリが使えるといったところだ。

数ヶ月前にも、ステージマネージャがM1非搭載モデルでも使えるオプションが見つかっていた。アップルもステージマネージャをM1モデルに限定すれば、旧iPad Proユーザーから不満の声が上がることは見越していたのかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー