iOS 16.1の前に重大なバグを修正

iOS 16.0.2公開。コピペ確認多発やiPhone 14 Proカメラ振動など修正

Gadget Gate

Image:Apple

アップルは、iPhone向けOSの最新版「iOS 16.0.2」を無償で提供開始した。

iOS 16.0.1ではiPhone 14シリーズのセットアップ時のバグを主に修正しており、ほかの機種ではアップデート自体表示されなかった。今回の16.0.2は他の機種で発生している問題も含めてアップデートが行われている。

iOS 16では、アプリ間でコピー&ペーストする際に許可を求めるポップアップが多く表示されすぎる問題があり、アップルもバグであると認めていたが、これを改善した。当サイトでもiOS 16.1で改善される見込みであると紹介していたが、先に修正が行われた格好だ。

さらにiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで、TikTokなどのアプリで撮影すると、カメラが過度に振動し、異音が出たり、写真がぼやける問題が指摘されていたが、この問題も修正した。

そのほかにもバグが多数修正されている。デバイスの設定中に画面全体が黒くなることがある問題、再起動後にVoiceOverが使用できないことがある問題、一部の修理済みのiPhone X、iPhone XR、およびiPhone 11の画面でタッチ入力が反応しなかった問題など、比較的重大なバグも修正された。

なおこのアップデートには「iPhone用の重要なセキュリティアップデートが含まれる」としており、上記の問題が気にならなくてもアップデートが推奨される。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー