次期iPadに第1世代3nmチップ搭載の噂も

Mac向け「M3」とiPhone 15 Pro(仮)用「A17」、TSMCの改良型3nmプロセスで製造か

Image:Alexey Boldin/Shutterstock.com

これまで2023年の「iPhone 15 Pro」に搭載される「A17 Bionic」チップや、将来のMac向け「M3」チップは、台湾TSMCの3nmプロセス技術により製造されると噂されてきた。それを裏付けつつ、先にiPadに3nmチップが搭載される可能性をうかがわせる情報が伝えられている。

日経新聞の英字メディアNikkei Asiaによると、アップルは来年(2023年)、TSMCの最新チップ製造技術を使う最初の企業になることを目指しているという。それをiPhoneとMacに採用する予定とのことだ。

さらに開発中のモバイルプロセッサ「A17」は、TSMCの「N3E」を使って量産され、来年後半に登場するとも付け加えている。この次期チップが「iPhoneラインアップのプレミアムエントリー製品」、つまりProモデル独占になることは、有名アナリストMing-Chi Kuoほかの情報源とも一致している。

N3Eとは、TSMCの第1世代3nm製造技術「N3」の派生プロセスのことだ。N3EはN3と比べて、処理能力と電力効率が改善されると謳われている。このN3Eが2023年後半のiPhoneやMac向けチップに使われるとの噂は以前からあったが、大手メディアの日経が裏付けることで信ぴょう性を高めた格好である。

また米MacRumorsは、TSMCの第1世代3nmプロセス(N3)は次期iPad用チップの一部に使われる予定だという。「日経の記事」をソースと書かれているが、日経のサイトでは表記が見当たらないため、以下は「MacRumorsの主張」とする。

これまでの噂では、来月10月に5nmのM2チップを搭載したiPad Proが発表されることが有力視されているため、この「次期iPad」が具体的にどのモデルを指すのか不明だ。が、もしも本当であれば、iPhoneやMacに先んじて、iPadに3nmチップが搭載されることもあり得るのかもしれない。

またMacRumorsは、iPhone 12と同じA14チップを搭載した「新型のエントリーレベルiPad」も今年後半に登場すると述べている。こちらはBloombergのMark Gurman記者ほか、複数の有力な情報源とも符合しているところだ。

iPhone 14 Proに搭載されたA16 Bionicは4nmプロセス製造だが、5nmのA15チップよりも性能向上が目覚ましいとのベンチマーク結果も公表されていた。3nmプロセスとなったA17が、どれほどパフォーマンスや省電力が改善されているか、今から楽しみにしたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー