ストレスレベルも測定可能

「Galaxy Watch5/5 Pro」は9/29国内発売。auからLTEモデルも登場

Gadget Gate

Image:Galaxy

Galaxyは、スマートウォッチ「Galaxy Watch5」および「Galaxy Watch5 Pro」を9月29日に発売する。またauから、Galaxy Watch5のLTE対応モデルも9月29日にリリースされる。

同社スマートウォッチの最新モデルとして、測定機能とバッテリーの強化を行ったモデル。先月海外で発表されたモデルの、国内での発売が正式に決まった格好だ。価格はGalaxy Watch5の40mmが44,200円から(以下すべて税込表記)、44mmが48,800円から。Galaxy Watch5 Proが70,800円となる。また、Galaxy Watch5のLTE対応版の販売価格は、40mmが52,800円、44mmが57,530円。

Galaxy Watch5 40mm/44mm

両モデルとも、従来のモデルより手首に触れる表面積を増やすことで、さらに高精度な測定が可能になったとのこと。強化されバイオアクティブセンサーを備え、心拍数、睡眠トラッキング、体組成、血中酸素レベル、ストレスレベルなどを測定できる。日々の活動を記録してユーザーの健康状態を把握することで、おすすめのワークアウトや目標の提案などが行えるほか、運動後は発汗に応じた水分消費量などのデータ表示も行える。

手首に触れる表面積を増やすことで、さらに高精度測定を実現(写真はGalaxy Watch5 Pro)

睡眠トラッキング機能では、睡眠段階やいびきの検出、血中酸素レベルから算出するスリープスコアにより、ユーザーの睡眠パターンを把握可能。7日間の睡眠パターンを追跡し、睡眠に関するアンケートに答えることで、8種類の睡眠シンボルアニマルから、ユーザーの睡眠タイプが割り当てられる。また4〜5週間のコーチングプログラムによって、ユーザーの睡眠習慣の改善もサポートするという。

Galaxy Watch5は傷に強いサファイアクリスタルを採用し、従来から耐久性を約1.6倍向上。バッテリーは40mmモデルが284mAh、44mmモデルが410mAhとなり、Galaxy Watch4と比較して約13%容量が大きくなっている。また充電速度も高速化され、約30分で約45%まで充電できるようになった。

一方でGalaxy Watch5 Proは、サファイアクリスタルに加えてケース素材にチタンを採用することで、従来比で約2倍の耐久性を実現。バッテリー容量は590mAhで、GPSオンの状態で約20時間、一般的な使い方で約80時間利用できる。さらにアウトドア向けの機能も搭載し、あらかじめ設定したルートをインポートしておくことで、バイブレーションと音声でナビゲーションする「Turn by Turn Navigation」などの機能も備える。

手首に触れる表面積を増やすことで、さらに高精度測定を実現(写真はGalaxy Watch5 Pro)

また、auにて「Galaxy Watch5」を購入し、さらに折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」を予約購入することで、25,000円をキャッシュバックするキャンペーンも実施。予約期間は9月8日〜9月28日23時59分、購入・応募期間は9月29日9時〜10月16日23時59分となっている。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー