ロック画面もさらに進化する見通し

次期iOS 16開発完了?9月7日イベントの準備万全?iPadOS 16とmacOS Venturaは10月配信か

Image:Poetra.RH/Shutterstock.com

次期iPhone用システムソフトウェア「iOS 16」は、今年9月に配信開始と予想されているが、その正式リリース版の開発が完了したとの噂が報じられている。すでに作業は先週に終わっており、パブリックリリースの準備ができたとのことだ。

これは、アップルの社内事情に詳しいBloombergのMark Gurman記者が、ニュースレター「Power On」最新号で発信していることだ。

アップルがOSアップデートの開発を早めに終えて、数週間遅れで開発者向けやパブリックベータに配信することは珍しくない。またiOS 16も開発者向けはベータ6、パブリックベータは4に至っており、目立った不具合も聞こえてこず、すでに完成度は十分に高まっているはずだ。

なぜ完成した次期iOS 16を配信せずに温存しておくかといえば、最新フラッグシップiPhoneを発表した直後にリリースするためだろう。つまり、まもなく「iPhone 14」が発表されるという噂の信ぴょう性がさらに高まった格好だ。なお、発表イベント9月7日開催との説がある。

このiOS 16は、次期「watchOS 9」と同時に9月に配信される予定で、これらのアップデートは「新しいハードウェアに対応する」とのこと。その一方で、macOS VenturaとiPadOSの次期メジャーアップデートは、「新しいハードウェアのラインナップ」に合わせて10月に先延ばしされたとも伝えられている。

iPadOS 16が、新たなマルチタスク機能「ステージマネージャー」の体験を完ぺきにするため開発に時間がかかり、次期iPad Pro発売に合わせて10月に配信されるとの噂は、先日もGurman氏が報じていたことだ

さらに興味深いのは、macOS Venturaも10月にリリースと予想されていることだ。こちらはアップルが、今年9月にiPhone 14シリーズと「Apple Watch Series 8」を発表したあと、1ヶ月後の10月に新型MacとiPadの発表イベントを開催するとの予想と符合している

改めてiOS 16の話題に戻すと、すでに「iOS 16.1」開発が準備中であり、ロック画面をさらに便利にする「Live Activities」なる新機能が計画されているという。

この「Live Activities」とは、ロック画面上でアプリの最新データを表示、および更新するというもの。その提供のためには、既存のウィジェット拡張機能にコードを追加するか、アプリ側で新たなウィジェット拡張機能を実装する必要があるそうだ。

一見すれば、地味なロック画面の強化に力が入れられているのは、「iPhone 14 Proモデルで常時表示が可能になる」との予想と関係があると思われる。おそらく、フラッグシップiPhoneの大幅な性能強化は、2023年の「iPhone 15 Pro」(3nmプロセッサ搭載との噂)を待つことになるかもしれないが、今年のモデルがどれほどの魅力があるか、注目したいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー