ロック画面のパーソナライズに加えて

iPhone 14 Proではロック画面を常時表示できるかもしれない。iOS 16ベータ版に手がかり

Image:Apple

アップルの世界開発者会議(WWDC 2022)においてiOS 16が発表され、最大の変更点はロック画面のデザインが一新されたことだった。様々なウィジェットを配置したり、多彩なフォントやダイナミックな壁紙などをカスタマイズしたりできる見通しだ。


これらはもともと、次期iPhone 14 Pro(仮)で常時表示、つまり「ロック状態でも時刻や通知などの表示を続ける」新機能のうわさの中でもささやかれていた。そして実際に開発者向けiOS 16ベータ1から、常時表示についての手がかりが見つかったと報じられている。

米9to5Macは、iOS 16が常時表示ディスプレイに対応する可能性を示す複数の言及を見つけたと述べている。その1つはiPhoneのディスプレイのバックライト管理に関連する、3つの新しいフレームワークが追加されたことだ。バックライトの制御は、常時表示を可能にする重要なパーツの一部である。

これらのフレームワークには、それぞれ常時表示への言及が含まれているそうだ。もちろん、理論的にはApple Watch(Series 5以降)の常時表示機能にまつわる可能性もありうるが、今回はそうではないという。

なぜなら、これらフレームワークは全てiOSのロック画面以外でも使われているからだ。さらに最も注目すべきは、iPhoneのロック画面やホーム画面などを管理しているソフトウェア「SpringBoard」の中に、常時表示への言及が複数あることだ。Apple WatchにはSpringBoardが使われていないため、「iPhoneのための機能」だと強く推測されるわけだ。

もう1つは、iOS 16には隠されたフラグが用意されていること。アップル社内のエンジニアはそれによりサポート対象外のデバイスでも常時表示を有効にできるという。つまり、アップル社内ではiPhone 14 Proの発売に先立ち、iPhone 13 Proで常時表示をテストできると指摘されている。

アップルの内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者は、iOS 16にはiPhone 14 Pro向けの「常時ロック画面のための将来のサポート」を含んでいると聞いた、と述べていた。また信頼性の高いディスプレイ専門アナリストRoss Young氏も「確認はできないが、期待している」とコメントしていた経緯がある。

iOS 16が発表された際、一見すれば地味な「ロック画面のパーソナライズ」の紹介にかなりの時間が割かれ、不可解だという声もあった。が、それが常時表示と組み合わされば「いつも時刻を確認しやすく、重要な通知を見逃しにくくなる」ことにより、iPhoneの役割が一変することにも繋がりうるだろう。今後の続報を待ちたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー