FDDは1列で1音、HDDはパーカッション担当

512台のフロッピーディスクドライブを使ったオーケストラ「Floppotron 3.0」

かつて、あらゆるPCに繋がれたり内蔵されていたフロッピーディスクドライブ(以下、FD)はすっかり見なくなった。その忘れられた機器を512台も使った巨大な “楽器” である「Floppotron 3.0」が、オーケストラ演奏をする姿が公開されている。

このFloppotronは、数字が示すとおり「バージョン3」だ。ポーランド人エンジニアのPawel Zadrozniak氏が初代を開発したのは2011年のことで、当時は2つのFDだけを使って『帝国のマーチ』を奏でたことが注目を集めていた

この最新バージョンでは、512台のFD、16台のハードディスクドライブ(以下、HDD)、4台のフラットベッドスキャナーから構成され、まさに一大楽団へと成長を遂げている。

Floppotronの基本コンセプトは、「電気モーターで音を出す」という単純なものだ。モーターの回転スピードと強さを調整して音程やピッチを変化させ、その音をたくさん組み合わせれば音楽ができあがる仕組みである。

Zadrozniak氏がブログ記事で詳細に解説しているように、このシステムは今や信じられないほど複雑になっている。積み重ねられたFD群は、1つの列につき1つの音を担当しており、ドライブの数により音のエンベロープ(大きさや柔らかさ、ビブラートのかかり具合など)を変化させられる。低音はFDで、高音はスキャナーの大型モーターで処理。HDDはモーターをヘッドが叩くことで「バーン」「カチッ」という音を出すパーカッションとして機能している。

もちろんFloppotronは一品モノであり、この先もZadrozniak氏がたった1人で改良・進化を続けていくことになるだろう。だが、すでに芸術品の域に達しているFloppotronが、個人クリエイターの一代限りで終わることも非常に惜しい。Zadrozniak氏の熱意に魅せられた後継者が現れ、さらなる「バージョンアップ」が続くことを祈りたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー