900個のLED搭載の注目機

「Nothing Phone(1)」の国内発売日が8/19に決定。税込63,800円から

Gadget Gate

「Nothing Phone(1)」

英Nothingは、ブランド初のスマートフォン「Nothing Phone (1)」の日本国内発売日を8月19日(金)に決定。発売に先立ち8月10日(水)より、各販売店にて予約受付を開始すると発表した。販売ラインナップおよび販売価格は下記の通り(すべて税込)。

Nothing Phone (1) (ホワイト/ブラック)
・8GB RAM+128GB ROM:63,800円
・8GB RAM+256GB ROM:69,800円
・12GB RAM+256GB ROM:79,800円

関連アクセサリ
・45W PD対応アダプター(ホワイト):4,980円
・Phone (1) ケース(ブラック/クリア):2,980円
・Phone (1) プロテクター:2,980円
※45W PD対応アダプターは公式サイト、KITH TOKYO限定

Nothing Phone (1)は、完全ワイヤレスイヤホン「ear (1)」に次いで発売される、同ブランド第2弾製品となるスマートフォン。ear (1)同様背面にスケルトンデザインを採用。900個のLEDで構成されたユニークな光のパターンで着信先やアプリの通知、充電状況などを知らせる「Glyph Interface」機能や、Android 12をベースとした独自OS Nothing OSを搭載する。

本モデルの日本国内展開については、7月に「8月発売予定」として同社より発表されていたが、この度発売日および販売方法が正式に決定した形だ。

実店舗では、エディオン、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラのほか、KITH TOKYO、蔦屋家電+にて取り扱う。また、予約受付開始となる8月10日よりKITH TOKYO、蔦屋家電+、​​取扱量販店の主要店舗にてハンズオン展示も実施。展示対象の店舗については、今後も順次拡大していくと同社は説明している。

ECサイトではAmazon、ひかりTVショッピング、Nothing公式サイトにて取り扱い。MVNO業者ではIIJmio、NTTレゾナントにて提供を行なう。なお、販売店によっては予約受付開始、発売開始のタイミングが異なる場合もあるとのことだ。

また、日本国内での発売に向けた施策として、専用のコールセンターを開設。電話、メール、ライブチャットによるサポートを提供していくという。製品保証については同社公式サイトnothing.techでも確認可能となっている。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー