キーボードの触覚フィードバックも

iOS 16ではiPhoneが横向きでもFace IDでロック解除できるように

Image:franz12/Shutterstock.com

iOS 16では端末を横向きにした場合でも、顔認証機能「Face ID」が利用できることが、iOS 16のプレビューページの記載により判明した。

Face IDは2017年の「iPhone X」に初搭載された顔認証機能。顔に赤外線のドットを照射し、読み取った凹凸を生体認証に利用するものだ。これまでFace IDを利用するにはiPhoneを縦向きにする必要があり、たとえば動画撮影では「縦向きでiPhoneのロック解除をしてから、横向きにして撮影を始める」といった作業が必要だった。

しかしiOS 16から、Face IDを利用する際にiPhoneの向きを気にする必要がなくなる。正式リリースは秋の予定だが、今後はロック解除だけでなく、支払いやパスワードの自動入力などの際にも、柔軟にFace IDを利用できるようになるはずだ。

なおプレビューページでは、この機能が利用できるのは「対応するiPhone」とのみ記載していて、具体的な機種を明示していない。海外テックメディアのThe Vergeはこの件についてアップルに問い合わせているが、記事執筆時点では返答を得られていないという。

iOS 16ではその他にも、ソフトウェアキーボードの触覚フィードバック(キーボードハプティック)がオプション設定として追加される。9to5Macによれば、この機能はデフォルトでは無効になっており、設定アプリから「一般」→「キーボード」にて機能を有効にできると説明している。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー