開発向けベータ版から判明

iOS 16でNintendo SwitchのJoy-ConとProコントローラーをサポート

Image:gut2000/Shutterstock.com

アップルが発表したばかりの次期「iOS 16」で、Nintendo Switch用のJoy-ConとProコントローラーのサポートが追加されていることが明らかとなった。公式には言及されていないが、世界開発者会議(WWDC 2022)直後に開発者向けに配布されたiOS 16ベータ1から判明した。

これはiOS用ゲームエミュレーター「Delta」の開発者であるRiley Testut氏が、Twitter上で報告していることだ。Testut氏は「Deltaで完ぺきに動いている」と感動を表現するとともに、キャプチャーボタンとホームボタンを数秒間押し続けることで、Joy-Conの左右を個別に使うか、1つのコントローラとして使うかを動的に切り替え(Joy-Conのキャプチャーボタンとホームボタンを数秒押すだけ)できると付け加えている。

またコントローラーは、iOS 16ベータ1の設定アプリ内にあるBluetoothメニューでカスタマイズできるそうだ。誰でも試せるiOS 16のパブリックベータ(Apple Beta Software Programへの登録が必要)の配信は「近日開始」とされており、秋には正規のアップデートがリリースされる予定である。

iPhoneおよびiPadは、2021年4月に配信されたiOS/iPadOS 14.5以降で、PS5用のDualSenseやXbox Series X|S用のコントローラーもサポートしており、公式サイトではペアリングの方法も案内されている。手に慣れ親しんだコントローラーを流用できることで、モバイルゲーム生活(あるいはクラウドゲーミング)もいっそう充実しそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー