Edition版が消滅、かわりにProモデル追加か

「Apple Watch Series 8」標準モデルはデザイン変わらずか。噂の「Pro」はどうなる?

Image:SAVIKUTTY VARGHESE/Shutterstock.com

次期「Apple Watch Series 8」は今年9月、「iPhone 14」シリーズと同時に発表されると予想されている。最新モデルは3種類と噂されているなか、標準モデルのデザインやカラーバリエーションなどの観測が伝えられている。

この噂の発信源は、TwitterユーザーのShrimpApplePro氏だ。同氏はiPhone 14シリーズのうち、Proモデルはノッチ(画面上部の切り欠き)がなくなり、「ピル+パンチホール」(横長と丸い穴の2つ)になるといち早く予想した人物だ。ことの真偽は今なお不明だが、他の多くのアナリストや情報源がその信ぴょう性を高めている。

さて、今回ShrimpApplePro氏が述べている、Apple Watch Series 8の情報は次の通りだ。

・41mmと45mmモデルのデザインはSeries 7と同じ
・アルミニウムケースの色:スターライト、ミッドナイト、(PRODUCT)RED、シルバー
・ステンレススチールケースの色:シルバー、グラファイト、ゴールド
・このバージョン(標準モデル)にはチタニウムモデルはない

これらの情報は、昨年の発売前にApple Watch Series 7のラベルが流出したが、それと同じソースから入手したとのこと。信頼性の高さが示唆されている。

もし今回のリストが全カラーを網羅しているとすれば、ブルーやグリーン、スペースブラック、ゴールド仕上げもあったSeries 7より色数が減ることになりそうだ。

また、デザインはSeries 7と同じままで、特に変更点はないという。そして噂されていた新たな健康センサー(体温測定など)は、情報源が外から見たかぎりではなさそうだという。もっとも「(新型の)41mmも45mmも、古いバンドと互換性がある」と付け加えられており、先代からの流用を考えている人にとっては悪い話ではない。

そのほか、Apple Watch Series 8は、Series 7よりケースの「接着剤」が強力になっているそうだ。すなわち、より頑丈で耐久性が高まるということだろう。そして量産は8月中に始まる予定とのことで、少なくとも標準モデルは、9月の発表イベントから数週間後に発売される可能が高いと思われる。

一方でShrimpApplePro氏は、標準モデルより高価なハイエンド版の話は聞いていないという。今年はエクストリームスポーツにも耐えうるプレミアムな「Apple Watch Pro」が登場すると何度も報じられてきたが、そちらは標準モデルと別の組立業者が生産を請け負っているのかもしれない。

今回の「標準モデルにチタニウム製はない」との情報は、「Apple Watch Proにチタン合金が使われる」との予想とも符合しているようだ。つまり、これまで高価なEdition版は標準モデルと同じデザインながらチタニウム素材で差別化してきたが、そちらがProに置き換えられると推測されるわけだ。

Apple Watch Series 8の目玉機能と期待される体温センサーが「搭載されそうにない」とは気になるところだが、情報源はあくまで見かけから判断しただけであり、実は内部に隠されていると祈りたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー