プロユーザーも満足できる?

次期iPadOS 16、ウィンドウサイズ変更など「ノートPC」に近づくとの予想

画像は現行のiPadOS 15(Image:Apple)

アップルが主要OSの次期バージョンを発表するWDC 2022が間近(6月7日午前2時から/日本時間)に迫っているなか、iPadOS 16(仮)には「プロユーザーを満足させる」ための「大きな変更」がもたらされるとの予想が伝えられている。

この報道は、アップルの内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者によるものだ。同氏は先週末、iPadOS 16に「ウィンドウとマルチタスクに大きな変化がある」との見通しを報じたばかりだ。iPadOS 15でもマルチタスク機能が少し使いやすくされていたが(Split ViewやSlide Overが選べるボタンの追加など)次期バージョンではそれを凌ぐアップグレードが示唆されていた。

今回の記事では、iPadOS 16が「どのアプリが開いているかを確認し、タスク間の切り替えをしやすくする、再設計されたマルチタスクインターフェイスを搭載する」と述べられている。さらには「複数のアプリを一度に処理する」ことや「アプリのウィンドウサイズを変更する」新たな方法がもたらされる、とのことだ。

このアップデートは、アップルがWWDCで発表する「最大のアップグレードの1つ」になるという。Gurman氏は最新のiPad ProがMacと同じM1チップを搭載していると指摘しつつ、マルチタスクとウィンドウ機能を強化する目的が「ラップトップ(ノートPC)体験」に近づけることだと示唆している。

iPadOS 16で大幅な変更が行われる手がかりは、すでに見つかっている。先日もWebkit(iOS/iPadOS上のWebブラウザを駆動するアップル純正レンダリングエンジン)のインフラが変更され、新たな「マルチタスクモード」追加により、iPadで初めて自由にウィンドウサイズを変えられる可能性が浮上したばかりだ。

M1チップを搭載したiPad ProやiPad Airが、そのパワーを活かすだけのOSやアプリに恵まれていないとの嘆きはたびたび聞こえてくる。数ヶ月前にも「XcodeやLogic Pro、Final Cut ProがiPadにまもなくやって来る」との噂話もあったが、強力なアプリの充実も望まれそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー