精度に課題ありか

「Apple Watchで血圧測定」早くて2024年か。血糖値測定は「数年先」との噂

Image:Apple

アップルはApple Watchに新たな健康管理機能を追加することに取り組んでいると噂されるが、その中でも期待の高いものが「血圧測定」と「非侵襲性(注射針を刺す必要がない)血糖値測定」だ。しかし、これらは2つとも、今年や来年の新型Apple Watchには搭載されそうにない、との予想が報じられている。

アップルの内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者によると「今後2年ほど新型Apple Watchには、注目の健康関連センサーが搭載されない」とのことだ。その理由は、アップルが開発中に精度の問題に直面したため、と説明されている。この機能が搭載されるのは「早くても2024年」、つまりApple Watch Series 10(仮)になるとのことだ。

こうした見通しは、今年初めにThe Wall Street Journalが伝えた情報とも一致している。WSJは収縮期(心臓が収縮したときの血圧)と拡張期(心臓が拡張したときの血圧)の基準値検出はできない難点もあり、どれほど役に立つのか疑問視する社員もいると伝えていた

また非侵襲的な血糖値の測定も、長年にわたりアップルが取り組んできたと見られている。だがGurman氏によれば、Apple Watchに搭載されるのは「数年先」であり、アップルは目標リリース日を示していないとも述べられている。

アップルと取引のある英スタートアップRockley Photonics社は、リストバンド型のデジタル健康センサーシステムを発表している。とはいえ、まだ社内でのテスト段階であり、ましてApple Watchのような大量生産、さらには莫大なユーザーの健康に関わる機器に採用されるまでには、時間がかなりかかるのかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー