Android→iPhoneのアプリは数年前から

Google、“iPhoneからAndroid”への引越しアプリをひっそり公開

「Switch to Android」(Image:Google)

Googleは、iPhoneユーザーが新しいAndroidスマートフォンに乗り換えるのをサポートするiPhoneアプリ「Switch to Android」をひっそりとリリースした。

このアプリを使用し、iPhoneとAndroidデバイスをUSBケーブルもしくはワイヤレスで接続すれば、連絡先、メッセージ、写真からアプリまで、可能なコンテンツをAndroidデバイスに移行することが可能になる。

アップルはもう5年ほど前から、Android向けに「Move to iOS」アプリを提供して、AndroidユーザーがiPhoneに鞍替えするのを手助けしてきた。それと逆のことをしようというのが、このSwitch to Androidというわけだ。

アプリの画像イメージ(Image:Google)

Switch to Androidは記事執筆時点で、アップルのApp Storeでリリースされている。ただし、限定公開の設定が施されているため、普通にApp Storeを検索しても検索結果には表示されない。もしこのアプリを試したいと思うなら、URL(https://apps.apple.com/jp/app/id1581816143)に直接アクセスすると、みつけることができるはずだ。ちなみにこのアプリの日本語版は「Android に移行」という、どストレートな名称になっている(この名前で検索してもやはり検索結果には現れない)。

Googleがこのアプリをいつから誰でも簡単に利用できるようにするのかはまだ不明だが、これもPixel 6aが発売になる頃にあわせて宣伝すれば、少しは乗り換え客が増えるかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー