Android 13はティラミス

Android 14の“お菓子”コードネームは「Upside Down Cake(逆さまケーキ)」

編集部:平山洸太

Image:Google

Googleのモバイル向けOS「Android」は、伝統として “お菓子” のコードネームが付けられてきた。2年前のAndroid 10から、表立ってはお菓子のコードネームを廃止して数字のみとなったが、内部では引き続き使用されており、来年のAndroid 14の名前もすでに決まっていると伝えられている。

開発者向けメディアのXDA Developersによると、Android 14のコードネームは「Upside Down Cake(逆さまケーキ)」になることが解析からわかったとのこと。また、次のAndroid 13は「Tiramisu(ティラミス)」、現行のAndroid 12は「Snow Cone(かき氷)」と呼ばれていると紹介している。

Image:Catherine

逆さまケーキは日本であまり馴染みのないケーキだが、欧州では伝統的なものらしい。XDA Developersではこのケーキについて、フライパンを使って逆さまに作るケーキで、フライパンの底にはリンゴやパイナップルなど、スライスしたフルーツを配置し、オーブンで焼き上げると説明している。

なお、コードネームを公表していたAndroid 9以前では、ジェリービーン(Android 4.1)やマシュマロ(Android 6.0)などに加えて、Android 4.4で「KitKat」、Android 8.0で「Oreo」など、有名なお菓子ブランドを用いたこともあった。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー