ローンチ時期は未定ながら事前登録を受付中

『ポケモンGO』のNiantic、NBA選手と対戦、仲間になれるARゲーム『NBA All-World』発表

Image:Niantic/NBA

『Pokémon Go』などARを取り入れた位置情報ゲームの開発元Nianticが、拡張現実型モバイルゲーム『NBA All-World』を開発中だと発表した。NBAおよびその選手会が開発に協力しており、現実の位置情報にリンクしたゲーム内空間にNBAスターたちが実名で登場する。

プレイヤーはポケモンGOと同様に現実世界を歩きながらスマートフォンのマップ上に現れるクリス・ポール、ステフィン・カリー、ジェームズ・ハーデンといったNBAスターと勝負して、勝てば自分のチームにスカウトできる。

Polygonによれば、Nianticのシニアプロデューサー、マーカス・マシューズ氏は、このゲームが「NBAのゲーム性とライフスタイルが、現実世界のメタバースと出会う場所だ」と流行り言葉を交えて説明し、「あなたの周りの世界をバスケットボールの世界に包み」「いわば現実の世界をバスケットボールのテーマパークに変える」ものになるとコメントしているとのこと。登場するNBA選手らも、その容姿だけでなく仕草や振る舞いの特徴も本人に似せてあり、たとえばジェームス・ハーデンはステップバックジャンプといった技を駆使するだろうとマシューズ氏は述べている。

マシューズ氏は、このゲームにはバスケットボールがプレイできる実在の場所が「数十万」か所も登録されたデータベースを使用していると述べており、「NBAでプレーする世界中のプレイヤーの多様性と、異なるリーグ、異なるホームタウンや学生時代といった、従来のモバイルやゲーム機には見られなかった事前のコンテキストが含まれるだろう」としている。

さらにゲームの中で出会った他のプレイヤーとは「King of the Court」と称する1対1の対戦ができ、シュート、ブロック、ポストアップ、フェイクといった技を駆使して戦うことが可能だ。ほかにも3ポイントコンテストなどのミニゲームが含まれるという。

NBAのグローバル・パートナーシップ担当副社長エイドリアン・オキーフ氏は、NBAはポケモンGOがリリースされ、世界的な人気を巻き起こした頃から話し合いを続けて来たと述べている。しかしNBA All-Worldのリリース時期については、今回の発表では明らかにされなかった。ただ、Nianticはゲームのウェブサイトでユーザーに事前登録を勧めている。もうすぐ始まるソフトローンチに加わりたいなら、登録してみると良いかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー