Officeに統合すれば、AIが会議資料を作ってくれる?

マイクロソフト、ChatGPTのOpenAIに数十億ドルを出資。パートナーシップ強化

Image:Mirosoft

マイクロソフトは1月23日、AI言語生成ツールChatGPTで話題のOpenAIに対し、新たに今後数年で数十億ドルの投資を行うと発表した。

具体的な金額は示さなかったものの、マイクロソフトはこれまでにも2019年と2021年にOpenAIへ投資を重ねてきており、今回はそのパートナーシップをさらに強化することで、将来的に両社が高度なAI技術を商業化することを支援するものになるとされている。

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、ブログ記事のなかで「われわれは最先端のAI研究を責任を持って進め、新たな技術プラットフォームとしてAIを大衆化するという共通の目標に基づき、OpenAIとのパートナーシップを構築した」と述べている。

またOpenAIは、Microsoft のインフラストラクチャを使用して、DALL・E 2やChatGPTなど、広く知られたシステムをさらに強化するという。ちなみにChatGPTはまもなくAzureに導入されるとのこと。

OpenAIは世界のAIラボのトップ3にランクインしており、たとえば「Dota 2」のようなマルチプレイヤーストラテジーゲームで、生身のプレイヤーを打ち負かす高度なゲームプレイAIを開発したりもしている。またAIを使ってコンピューター用プログラムコードの作成を支援する、GitHub CopilotシステムもOpenAIの手によるものだ。

しかしやはりAI言語生成ツールChatGPTのベース技術である「GPT-3」や、一風変わったAI画像ジェネレーター「Dall・E」でより注目されているのは間違いないだろう。

ChatGPTは、入力された質問に対してまるで人間が書いたかのような説得力のある回答を出力できるが、そのせいで学生がレポートを代筆させるといった、誤った使い方を懸念する声もあがっている。あくまで大量の文章データを学習することで、自然につながる言葉を推定するAIであるため、出てくる文の内容が正しそうに見えて誤っている、要するに “嘘” になってしまっていることもよくある。

それでもマイクロソフトは、OpenAIの技術に投資を続けることで「信頼性が高く安全なAIシステムと製品の構築」に取り組み、「自社の消費者向け製品と企業向け製品に渡って」活用していくと述べている

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー