ネイティブも推敲に使える

DeepL、AI文章作成サポートツール「DeepL Write」を公開

編集部:平山洸太

Image:DeepL

翻訳ツールで知られるDeepLは、文章作成サポートツール「DeepL Write」をリリースした。現在はベータ版となり、どのユーザーも無料で利用できる。

DeepL WriteはAI技術を活用することで、ユーザーが入力した文章の文法間違いをチェックするだけでなく、言い回しや語調、文体や言葉の選び方の提案まで行う。ユーザーは多数の選択肢から、良いと思うものを吟味して選ぶことができる。

現時点で対応する言語は、英語(イギリス/アメリカ)とドイツ語のみ。たとえば日本語から英語の文章を作成したい場合、まずDeepL翻訳で日本語を英語に変換し、それをDeepL Writeでブラッシュアップする、というような使い方となる。

言語レベルに関係なく利用できると同社は説明しており、第二言語や第三言語で正確な文章を書く場合だけでなく、ネイティブスピーカーが推敲するような使い方も可能とのこと。ジャーナリストや文章作成のプロ、学術的な文章を書くユーザーにインスピレーションを与えてくれるほか、メールや報告書、プレゼン資料など、海外のクライアントに向けた文章も作成できるという。

なお開発に至ったきっかけは、DeepL翻訳をよく利用するユーザーが「原文と訳文を入れ替えて逆翻訳を繰り返し、推敲のヒントを得ている」という使い方をしていたためだと説明。上記のように現在はベータ版であり、精度の向上を目指して継続的に改善を加えていくとのことだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー