iPhone 15だけではない?

LightningからUSB-Cへの移行、AirPodsなどアクセサリーも対象か

AirPods ProやMagic Keyboard、Magic Mouseなどは充電にLightningを採用している(Image:Apple)

先週、「2023年のiPhone 15(仮)モデルの少なくとも1つがLightning端子からUSB-Cに切り替えられる」との予想が伝えらればかりだ。それから間もなく、AirPodsの充電ケースなどのアクセサリー類も、近い将来USB-Cに移行するとの噂が報じられている。

この噂の発信源は、やはり先日の予想と同じく有名アナリストのMing-Chi Kuo氏だ。前回のツイートに続くかたちでKuo氏は、AirPodsやMagSafeバッテリーパック、Magic Keyboard/Mouse/Trackpadなどのアクセサリー製品も「予見可能な将来」にUSB-Cに切り替わるだろうと主張している。

AirPods ProやMagic Keyboard、Magic Mouseなどは充電にLightningを採用している
これらアップル製アクセサリー製品すべては現在、有線充電やデータ転送のためにアップル独自規格のLightningコネクターを採用している。

しかし近年では、MacBookやiPad Pro、iPad AirからiPad miniにいたるまでUSB-Cポートを備えており、それらにUSB-C-Lightningケーブルを同梱していることには疑問の声もあった。また多くのAndroidスマートフォンもUSB-Cに移行済みのため、共通の充電アダプターを使うことも可能となり、USB-Cへの統一を進めるEUの規制当局を満足させられるとも思われる。

また、Kuo氏は以前にアップルが「ポートレスiPhone」、つまり外部端子をなくしてデータ転送も充電もワイヤレスのみにする可能性がある、と述べていたことがある。そうすれば防水性能を改善しつつ、Lightningによるライセンスビジネスを(MagSafeなどの独自規格ワイヤレスに移行することで)引き継ぎやすいから、というわけだ。

なぜ、アップルはそうしないのか。Kuo氏によれば現在のワイヤレス技術には限界があり、MagSafeエコシステムも未成熟であることから、ポートレスiPhoneを投入するのは時期尚早かもしれないからだ、とのことだ。

Kuo氏はアップルがUSB-Cを採用するのは1-2年だけと示唆していたこともあるが、ユーザーとしても、地球環境への配慮も考えると、なるべく充電アダプターなどの買い換えは避けたいところいうのが本音だろう。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー