発表前にスペック情報がほぼ完全流出か

「Galaxy S23 Ultra」はカメラやスピーカーなど強化か。2月2日のイベントで明らかに

Image:Winfuture/@rquandt

サムスンは2月2日午前3時(日本時間)から、新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を開催することを発表した。この場では、次期フラッグシップ機「Galaxy S23」シリーズ3機種がお披露目されることが確実視されている。

すでに多くのリーク情報が伝えられてきたが、その中でも注目されているのが最上位モデル「Galaxy S23 Ultra」の改善点だろう。搭載プロセッサーは高クロック版のSnapdragon 8 Gen2(3モデルとも共通)、メインカメラは2億画素などに続き、新たにカメラの操作性やオーディオ体験が強化されているとの噂が報じられている。

数々の実績あるリーカーのIce universe氏によると、Galaxy S23 Ultraは注目すべき詳細が改善されているという。まずスピーカーの音質は「特に低音が改善された」とのことだ。さらにマイクの品質も向上しているとされ、通話とビデオ撮影の両方で音質がアップしている可能性がある。

また「フォーカスの問題はもはや問題ではない」という。これは現行モデルGalaxy S22 Ultraで、カメラ撮影のフォーカス時に少しもたつきがあるとの指摘が相次いだことを示唆しているのだろう。以前も同氏は、S22 Ultraのシャッターラグが「よく知られている」と述べていた。

さらにIce universe氏は、Galaxy S23 Ultraの「優れた手ブレ防止」も強調している。こちらは、サムスンがOIS(光学式手ブレ補正)+EIS(電子手ブレ補正)を改善し、静止画および動画で不要なブレをより良く排除できることを意味しているのだろう。

これらの噂話が本当であれば、Galaxy S23Ultraのカメラおよびオーディオ体験は目覚ましく向上することになる。また、同モデルのカメラは2億画素の新型センサー採用が確実視されているが、かつて初の108MP(1億800万画素)カメラを搭載したGalaxy S20 Ultraは発売直後、フォーカスに関する苦情が相次いだ。それを繰り返さないよう、サムスンも万全の体制を敷いているのかもしれない。

そのほか、ほぼ時を同じくして、サムスン公式マーケティング資料らしき画像が流出している。こちらは先日のリーク情報とデザインや本体色を含めてほぼ符合しており、特に目新しい点はないが、いよいよGalaxy S23シリーズの発表が近づいている前ぶれなのだろう。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー