Spotify HiFiはどうなった?

Spotify、3月8日にオンラインイベント開催。Spotify HiFiはどうなる?

Image:Spotify

音楽ストリーミングサービスのSpotifyが、3月8日(現地時間)に次回のオンラインイベント「Stream On」を開催すると発表した。

Stream Onは主にクリエイター向けの新サービスや機能などを紹介するイベントで、2021年の初開催時には、刷新されたクリエイターツールや、サービスのアップデート内容の紹介、独占配信のポッドキャストの紹介などがあった。

今回もおそらく、同様にクリエイター向けの情報アップデートが主な内容になる予定で、Sporifyは「これまで以上に多くのクリエイターに新たな可能性を提供し、グローバルな視聴者と、より密接な関係を構築できるようにする方法を伝える」としている。

具体的には「音楽、ポッドキャスト、オーディオブックなど、サービスに含まれるあらゆるジャンルで、クリエイターが新たな聴衆に注目され、コミュニティを築き、世界中のファンとつながるためのツールや開発状況について紹介する」とのことだ。

また大多数のリスナーにとっては、2021年のStream Onで発表されたものの、待てど暮らせど開始のお知らせが届かない高音質プラン「Spotify HiFi」に関する情報が、何か少しでも明らかになることが期待される。

Spotifyのストリーミングにおける最高品質設定は320kbpsが上限だが、Spotify HiFiではCDと同等の品質でのストリーミングになると紹介されている。ただ、2022年初めの時期には、このサービスがまだ計画中だと伝えられていた。

Spotifyのライバル、Apple MusicやAmazon Music、Deezerなどでははすでにハイレゾ品質のストリーミングを提供している。Spotifyも、ハイレゾまではいかずともCD相当の情報量でストリーミングできるようになれば、オーディオ好きや音質にこだわるニール・ヤングのようなアーティストも、きっと納得させられることだろう。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー