地球外生命探査の話題も

米ソの火星開拓競争に大富豪が参入。Apple TV+『フォー・オール・マンカインド』シーズン3新映像

Image:Apple TV+

6月10日に配信開始が予定されているApple TV+の人気歴史改変SFドラマ『フォー・オール・マンカインド』の新しい予告編映像が公開された。

シーズン1では、60年代後半から70年代半ばまでの宇宙計画にフォーカスし、シーズン2はスペースシャトルが活躍した80年代をテーマとして、米ソ両国が月面に基地を建設、資源採掘まで行っている。

そして、今回の予告編のBGMに米ロックバンド、サウンドガーデンの「Blackhole Sun」が印象的に使われていることから、おそらく90年代がシーズンの開始当初の時代背景になっていると予想される(以前の配信日告知では1995年になると伝えられていた)。

しかし、そこで繰り広げられる宇宙計画は火星への有人探査や、民間企業の宇宙開発事業への参入といった、リアルの世界で、いままさに進行している出来事。ほかにも地球外生命探査といったテーマもあり、これまで以上にストーリーに広がりが見られることになりそうだ。

そして、もしシーズン4が製作されるのなら、このドラマは現実世界ではまだ誰も経験していない、未来の時間軸に移行するかもしれない。

ちなみに、シーズン3に登場する民間宇宙企業を率いる大富豪は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でダーウィン役を演じたエディ・ガテギ。もちろん、ジョエル・キナマン演じるエドや、月面で放射線を浴びるリスクを冒しながら生還したモリー(ソーニャ・ヴァルゲル)といった主要キャストも登場する。映像では宇宙ステーションもしくは宇宙船における船外活動でのトラブルもあり、これまで以上にスリリングなシーンも見られそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー