Windowsとの連携強化の噂も

「Surface Duo 3」開発停止、2画面から折りたたみにシフトとの情報

image:Mr.Mikla/shutterstock.com

Microsoftの2画面Androidスマートフォン「Surface Duo」。その次期モデルとして計画されていた「Surface Duo 3」がキャンセルされたと伝えられている。代わりに、2画面ではない折りたたみスマートフォンを計画しているとのことだ。

Microsoft関連の情報に詳しい海外テック系サイトWindows Centralによると、Surface Duo 3は仕様やデザインが確定した段階ではあったものの、これをキャンセルするとのこと。狭額縁ディスプレイやワイヤレス充電対応など、前モデルの不満点に対応していたとされている。そして、Surface Duo 3の代わりに「Vivo X Fold」や「Honor Magic」、「Galaxy Z Fold 4」のようなスタイルの折りたたみスマートフォンを投入するとのことだ。

具体的な仕様については伝えられていないが、2画面ではなくなることから、Surface Duoとは別のブランディングが行われる可能性もある。ただ、いまのところは第3世代のDuoとして扱われているという。発売時期についての情報もないのだが、いまから方針転換をしたとなると、2023年中の発売は難しいかもしれない。

また、これと並行し、Androidスマートフォンを競合他社と差別化するためのより大きな取り組みも進められているようだ。この取り組みは「Perfect Together」と呼ばれており、Windows PCとAndroid間で、iPhoneとMac間のようなエコシステム体験を提供することを目指しているとされている。

Microsoftのモバイル向けの取り組みは、これまであまりいい成果を残せてはいないのだが、今回の取り組みがどうなるのか、注目していきたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー