ゲーミング機器らしく派手に光る

ゲーマー向けサウンドバー「Razer Leviathan V2 Pro」発表。AIヘッドトラッキングとビームフォーミング搭載

Image:Razer

CES2023にあわせて、ゲーミング機器のRazerが、サウンドバー製品「Leviathan V2 Pro」を発表した。

USB Type-CでPCと接続する製品で、赤外線とAIによるヘッドトラッキング機能を搭載する。このヘッドトラッキング機能によって、サウンドバーがユーザーの耳の位置を把握。Audioscenicのビームフォーミング技術によって、常にサウンドのスイートスポットにユーザーが入るよう調整するという。

また、ビームフォーミングの恩恵を最大限に活用するため、高精度な立体音響を実現する空間オーディオフォーマット「THX Spatial Audio」に対応。ゲームやコンテンツ再生に適した仮想空間オーディオヘッドセットモードや仮想空間オーディオスピーカーモードなどを備えている。

ヘッドトラッキング機能を実現するための赤外線カメラは、本体中央の面取り部分に備え付けられている。Razerは、このカメラで得た情報をローカルのディープ ニューラル ネットワーク プロセッサに送り、サウンドバーに対する耳の位置を推定すると説明している。また、この技術でユーザーの頭の位置が更新された時点で、カメラで得たデータは破棄され、PCに転送されたり、クラウドに保存されることもないとしている。

そのほかゲーミング機器メーカーらしく、このサウンドバーも「Razer Chroma RGB」と称する、1680万色から調整可能なRGBライティングのカスタマイズ機能に対応している。この発光色と音質の調整はスマホアプリ「RAZER AUDIO APP」で行える。

Image:Razer

スピーカー構成は、2インチ径のフルレンジドライバーを5基、5.25インチサブウーファーを1基搭載。Razerは、このサウンドバーを「途轍もない明瞭さとサウンド忠実度、パワー、そしてレンジまで全方位をカバーする次世代サウンドシステム」と表現している。周波数特性は40-20,000Hz。最大音圧レベルは98dB。

背面にはサブウーファー出力、3.5mmヘッドセット端子、USB 3.0(USB Type-C)コネクターを装備。一方、ゲーミング向けであるため、HDMI端子は省略されている。その他、スマートフォンやNintendo SwitchとはBluetooth 5.0で接続、ワイヤレスでの再生が可能だ。

Leviathan V2 Proの価格は399.99ドル(約5万3000円)。米国での発売時期は2月となっている。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー