ボタン形状やマッピングも自由自在

PS5向けアクセシビリティコントローラー「Project Leonardo」。細かなカスタマイズが可能

編集部:平山洸太

ソニーは、PlayStation 5向けの新コントローラー「Project Leonardo」をCES2023で発表した。高いカスタマイズ性をもつアクセシビリティコントローラーで、障害をもつプレイヤーでも長時間快適に使える製品と説明している。

本体は、円形に並んだボタン部分と、アナログスティック部分で構成されている。ボタンはあらかじめ用意されたいくつかの形状やサイズから選ぶことができ、そのボタンでどのコマンドを入力するかなどもユーザーが自由に決められる。このボタンマッピングは3つまでプロファイルとして保存できるほか、1つのボタンにL2+R2など2つの機能を登録することも可能だ。

さらにアナログスティックは、ボタン部分との距離をユーザーに合わせて自由に調整できる機能を備える。こちらも同様にキャップ部分を付け替えることで、通常のアナログスティックの形状だけではなく、より大きい形状だったり、アーケードゲームのようなスティックに変えたりできる。

コントローラーは卓上や車椅子のトレイに置いて使用できるほか、三脚やAMPS規格のマウントにも取り付けられる。4つの3.5mm AUX ポートを備えており、サードパーティ製の外部スイッチやアクセシビリティ アクセサリーを繋げることで、特殊なスイッチ、ボタン、アナログスティックなども使うことが可能だ。

また、Project Leonardoは2つまで接続できる。さらにDualSense ワイヤレス コントローラーと組み合わせて使用することもでき、2台のProject LeonardoとDualSenseの合計3台を同時に利用可能。これにより、別のユーザーがプレイを補助するといった使い方もできる。

ライバルとなるXboxは、すでに障害のあるユーザーに向けたコントローラー「Xbox Adaptive Controller」を発売している(日本では数量限定発売、現在は販売終了)。Project Leonardoは現時点で価格や発売日も未定とのことだが、PlayStation 5でもこのようなコントローラーの登場が望まれていただけに、歓迎するユーザーは少なくなさそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー