もとから高いiPhone 14は据え置き

アップル、iPhoneやiPadのバッテリー交換料金を3月1日から値上げ

Image:Kevin Khoo/shutterstock.com

アップルが、3月1日から保証対象外バッテリーの交換料金を値上げする。アップルからとくに発表は行われていないが、修理サービスページに値上げについての注記が追加されている。

Image:Apple

値上げの対象と値上げ額は下記の通り。

  • iPhone 14より前のすべてのiPhone:3000円値上げ
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代以前)、iPad Pro 11 インチ (第 3 世代以前)、iPad Pro 10.5 インチ、iPad Pro 9.7 インチ、iPad mini (第 6 世代以前)、iPad Air (第 5 世代以前):3800円値上げ
  • MacBook Air (全モデル) :8200円値上げ
  • MacBook、MacBook Pro (全モデル):1万3700円値上げ

iPhoneシリーズで、今回値上げの対象外となっているiPhone 14シリーズのバッテリー交換費用は、1万4900円と、もともと高めに設定されている。

一方で、値上げが行われるiPhone 13のバッテリー交換費用は、現在のところ9800円だ。これが3月1日以降は1万2800円となる。

iPadシリーズでは、記事執筆時点で現行機種となるiPad Pro12.9インチ(第6世代)、iPad Pro 11インチ(第4世代)、通常ラインのiPadについても対象外となる。

また、AirPods、Apple Watchの修理サービスページでは、今のところ値上げのアナウンスは確認されていない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー