用途にあわせて柔軟にカスタマイズ

Elgato、ボタン/ダイヤル/タッチでPC操作を便利にするデバイス「Stream Deck+」

Stream Deck+

SB C&S(株)は、主に動画配信向けデバイスを手掛けるElgatoブランドから、ボタン/ダイヤル/タッチパネルでPCの操作を効率化するショートカットデバイス「Stream Deck+(ストリームデック プラス)」を2022年12月16日に発売する。価格はオープンだが、SoftBank SELECTIONオンラインショップでは税込32,980円にて取り扱う。また、Amazonや全国の大手家電量販店でも取り扱いを予定する。

アイコン画像を表示できる液晶内蔵ボタン「LCDキー」を8つ、横長タッチパネルの「タッチストリップ」を1つ、押し込み操作も可能なダイヤルを4つ搭載したWindows/macOS対応のUSBデバイス。LCDキー/タッチストリップ/ダイヤルには、設定用の「Stream Deckアプリ」からそれぞれ任意の機能を割り当てることができ、さまざまな作業を効率化できるとする。

ボタン/タッチパネル/ダイヤルにPCのさまざまな操作を割り当て、操作を効率化する

例えば、LCDキーであればソフトウェアの起動やミュートのオン/オフ、タッチストリップではスワイプ操作によるページめくり、ダイヤルでは音量調整やカメラのズームといった操作を割り当てて使用可能。またタッチストリップはダイヤルで調整した数値などの情報を表示させることもできる。

また、1度の操作で複数の機能を呼び出したり、使うソフトウェアごとにLCDキーやダイヤル操作の設定を自動的に切り替えられる「スマートプロファイル」なども搭載。カスタマイズ用としてさまざまなプラグインやアイコンパック、著作権フリー素材が用意されるほか、同ブランドのミキシングソフトウェア「Wave Link」との連携にも対応する。

操作の割り当てだけでなく、LCDキーのアイコン画像やタッチストリップの表示もカスタマイズ可能

OSはWindows 10(64ビット)、およびMacOS 10.15以降をサポート。接続端子はUSB Type-Cを採用。外形寸法は約138W×110H×140Dmm、質量は約465g。

Gadget Gateの最新情報をフォロー