テスラ恒例の年末アプデ

テスラ、車内でApple MusicとSteamを楽しめる「ホリデー・アップデート」提供開始

Image:Tesla

テスラが、「ホリデー・アップデート」と称する最新ソフトウェア(バージョン2022.44.25)の配布をOTAアップデートで開始した。注目の新機能は、アップルの音楽ストリーミングサービスApple Musicへの対応と、車載インフォテインメントでのSteamゲーム機能の追加となる。

テスラCEOのイーロン・マスク氏は7月に、車載インフォテインメントにPCゲームプラットフォームSteamの統合を進めていると発言していた。またApple Musicについても、先月、ロサンゼルスのピーターセン自動車博物館に展示された新型のModel Sが搭載するタッチ画面に、Apple Musicのアイコンが表示されていたことが報告されており、近い将来の機能追加が噂されていた。

最新のテスラの車載インフォテインメント機能には、これまでにも『Cuphead』のようなシューティングゲームから『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』といったアクションゲーム、『Witcher 3: Wild Hunt』のような大作ゲームまでさまざまなゲームが、停車中の車内でプレイ可能だった。今回のアップデートを紹介する動画ではキアヌ・リーブスが重要なキャラクターとして登場する『Cyberpunk 2077』が大々的にフィーチャーされている。

今回のSteam対応により、対応するテスラ車オーナーは、自分で好みのゲームをインストールして遊ぶことが可能になるはずだ。テスラは「新しいModel SおよびModel X」が対応すると曖昧な説明をしているが、具体的にはAMD RyzenプロセッサーとディスクリートGPUのAMD RDNA 2を搭載した “Plaid” モデルが対象になるだろう。

一方、Apple Musicのほうは、アップデートの後インフォテインメントシステムにアイコンが現れるので、それを起動し、画面に表示されるQRコードをiPhoneなどでスキャンすれば、対応するApple IDに紐付けられて利用可能になる(他にテスラ・プレミアムコネクティビティパッケージ登録が必要)。

テスラはこれまでも毎年、クリスマスシーズンになるといろいろな、そして一部に馬鹿げた機能をテスラ車に提供してきた。今年のバージョンでは、上記の2つのほかにZoomや、ドッグモードまたはセントリーモード中にモバイルアプリから車内の様子を見ることができる機能が提供される。

そして極めつけは、複数のテスラ車が連携し、米国のギタリスト、マクスウェル・カーライルによるヘヴィメタル版『Auld Lang Syne(蛍の光)』に乗せてトランクやパワーウィンドウ、灯火類から、Model Xの “ファルコンウィング” ドアまで含めたあらゆる電動コンポーネントを動かして騒ぎ立てる、なんとも近所迷惑なパーティ向けモードが与えられている。もし試してみたい場合は(可能なら)BGMの音量を抑えるか、閑静な住宅街から離れた騒いでも問題ないところでやるのが良さそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー