ヒヤリ

NASA、Orion宇宙船と通信途絶。その後復旧も原因調査中

Image:NASA

11月23日、NASAはArtemis I号として月を周回していたOrion宇宙船との間で通信が不意に途切れる事態に見舞われた。通信できない状態は47分間にわたって続いたが、その後復旧している。

NASAのチームは地上管制側から通信を再確立することで問題を解決したと述べているものの、なぜトラブルの原因についてはまだ特定できておらず、データ処理担当者はリンクが切れていた時間帯にOrion宇宙船に蓄積されたデータをダウンロードし、状況を調べることにしている。

今後のOrion宇宙船の予定としては11月25日に、月のDRO(Distant Retrograde Orbit)に入るべく燃料噴射を実施する。そしてうまくいけば、この軌道上に1週間ほど滞在する。その後12月11日に、カリフォルニア沖の海に着水する予定だ。

今回のミッションはすべて無人で試験飛行的に行われており、2024年のArtemis II号で使用される機器とシステムを試験したり、また人体への宇宙放射線の影響を調査するため、センサーなどを取り付けたマネキン人形が搭乗している。

そしてArtemis IIの翌年のIII号ミッションでは、水があるかもしれないとされる月の南極付近に飛行士を乗せて着陸する計画となっている。

なお、今回のミッションでは、通信が途切れたこと以外には宇宙船には影響はなく、記事執筆時点で新たなトラブルの報告はないことをNASAは強調している。

現代の複雑な、特に新しいソフトウェアやハードウェアだらけの機械には、初期の細かいトラブルはつきものと考えて良いだろう。いまのうちに問題をすべて出し切って、有人ミッションではトラブルが発生しないことを祈りたいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー