母艦側でも改良の余地がありそう

第2世代AirPods Pro、初代よりレイテンシーが改善と判明

AirPods Pro 2
Image:Apple

第2世代AirPods Pro(以下「AirPods Pro 2」)はアクティブノイズキャンセリング機能の強化やバッテリー性能の向上など、前モデルから数々の改良が施されている。これらの多くは、新たな「H2」チップにより実現されたものだ。

しかしクリエイティブな作業をしたりリズムゲームをプレイする上で、最も気になるのは操作や入力とのズレとなるレイテンシー(遅延)だろう。これについて、ミュージシャンでありソフトウェア開発者でもあるStephen Coyle氏がテストしたところ、レイテンシーが大幅に改善していることが明らかとなった。

Bluetoothワイヤレスイヤホンのネックは、もっぱらレイテンシーだ。音声をBluetoothで送受信する場合、データ圧縮や展開などが挟まるため、全く遅延がないということは原理的に不可能だ。もっとも動画再生などは、音とタイミングが合うようにビデオ側を少し遅らせれば解決することである。

レイテンシーが大きな問題となるのは、Coyle氏によれば「予測できない」音とのこと。通知や効果音、キーボードのクリック音、オーディオ編集など、不意に発生する非連続的なものである。

これまでCoyle氏はAirPodsの新製品が出るたび、同じテストでレイテンシーを検証している。すなわちiPad ProにAirPodsを接続し、Apple Pencilで画面をタップ。オーディオレコーダーでタップ音とAirPods側の音声を録音し、その間隔を計測するやりかただ。今回もほぼ同じだが、Apple Pencilではなくキーボードのクリック音だけを調べたという。

その結果は、初代AirPods Proが153msであったのに対して、AirPods Pro 2は126msで、先代よりも37ms向上しているというものだ。

Image:stephencoyle.net

そのほか、初代AirPodsより第2世代AirPodsが優れているのは自然だが、なぜか初代AirPods Proが第2世代AirPodsに劣っている。ノイズキャンセリングほか、音声を処理するプロセスが影響しているのかもしれない。

また興味深いのは、内蔵スピーカーでさえ83msのレイテンシーが発生していることだろう。Bluetooth経由のデータがAirPods Pro 2から出る場合と比べて、最大で2/3の遅延が内蔵スピーカーでも起きているということだ。

今後Bluetooth側の改良が続くのは当然として、iPhoneやiPadなど本体側でも改良する余地がありそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー