水拭き機能の有無で2モデル用意

Anker、Eufyブランド初のアレルギーケア認証取得ロボット掃除機「G40 Hybrid+」「G40+」

Gadget Gate

水拭き対応モデル「Eufy Clean G40 Hybrid+」

Ankerは、同社のスマートホーム製品ブランド・Eufyより、同ブランド初のアレルギーケア認証を取得した自動ゴミ収集ステーション付きロボット掃除機「Eufy Clean G40 Hybrid+」「Eufy Clean G40+」を11月9日(水)に発売する。本日10月27日から予約受付を開始した。価格はG40 Hybrid+が59,900円、G40+が49,990円(ともに税込)。

3層のフィルターでほこりやアレルゲン等の微細な粒子を99.9%ブロックする国際認証を取得。G40 Hybrid+は吸引と水拭きに対応した機種となっており、フローリングを水拭きできるモッピングモードでは3段階から水量を調整可能だ。G40+は吸引機能のみを備えたモデルとなっている。

吸引特化モデルの「Eufy Clean G40+」

本モデルは、同社ステーション付きロボット掃除機のエントリーモデルと位置づけており、上位機種「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」に搭載される部屋のリアルタイムマッピング機能「iPathレーザーナビゲーション」をオミット。上位機のHybrid+でも価格を5万円台とすることで、ステーション付きロボット掃除機導入のハードルを下げたとしている。

掃除機本体は前モデル「Eufy RoboVac G30 Hybrid」から25%アップした最大2,500Paの吸引力を実現。同社独自のBoostIQにより、フローリングやカーペット等、床のタイプによって自動で吸引力を調整する。さらに、約7.3cmの薄型設計と、複数のセンサーを搭載するスマート・ダイナミック・ナビゲーション2.0により、手の届きにくい家具の下や部屋の隅々まで効率よく掃除を行うと同社はアピールする。また、16mmまでの段差乗り越え機能を装備する。

水拭き対応モデル「Eufy Clean G40 Hybrid+」には給水タンクが装備される

自動ゴミ収集ステーションに備えられる使い捨てダストバッグは抗菌・消臭加工が施されており、3.2リットルの大容量を実現。同社は約2ヶ月間ゴミ捨てが不要だと謳う。掃除機本体に備えられるダスト容器の容量はG40 Hybrid+が250ml、G40+が420ml。この容量の差異については、G40 Hybrid+が水拭き対応モデルであることから、130mlの水容量タンクを装備する為だとしている。

ステーション内に設置するダストバッグは3.2リットルの容量を誇る

外部アプリとの連携機能として、Eufy Cleanアプリを介して外出先から掃除タイミングのコントロールや、吸引力・水量の調整、自動ゴミ収集の頻度もカスタマイズ設定が可能。自動ゴミ収集の頻度については、ステーションドッキング時毎回/2回に1回/3回に1回の3項目から選択が可能だ。

外形寸法、および質量は2機共に共通し、掃除機本体は325W×73H×325Dmm/約2.7kg。ステーションは366W×372H×160Dmm/約5.2kg。また、今後の展開として今冬以降にゴミ収集ステーションを同梱しないモデルの販売も予定するとのことだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー