公式の開封動画がリーク

Google公式の「Pixel 6a開封動画」発見。指紋認証が改善された?

Image: Google

Googleが最新スマートフォン「Pixel 6a」を発売するのは7月下旬とのことだが、公式の開封動画が発見され、ディスプレイ内蔵指紋認証センサーの動作などが明らかとなった。

もともとの動画「Pixel 6a unboxing and hands-on」は、Google公式のYouTubeチャンネル「Google Retail Training France」にて公開されたものだ。もっとも手違いでアップロードされたためか、記事執筆時点では非公開とされている。なお、ミラーリングした映像は動画共有サービスにもアップされている。

本製品もPixel 6や6 Proと同じく電源アダプタが同梱されていないためか、パッケージの箱はかなり薄そうだ。保護シートもディスプレイに被されているだけで背面にはなく、色々とコスト削減が図られているようだ。

スマートフォン本体の下には、USB-Cケーブルとクイックスイッチアダプター(USB-A to USB-Cドングル)がある。また従来は「クイックスタートガイド」と保証書はスリーブにまとめられていたのが、SIM取り出しツール付きのボックスに収納されている。

このボックスには、「Pixel 6a」と「Google Tensor」のロゴも印刷されている。つまりGoogleとしては内蔵プロセッサも知ってもらいたい、ブランドして定着させたい意図がありそうだ。

ほか開封動画のうち興味深いのは、1分56秒付近にある指紋認証センサーのデモだろう。Pixel 6/Proでは指紋認証が遅い、何度も失敗するとの声もあり、修正アップデートが配信された後も一概に改善されたとは言い難いと指摘されていた。そのため、Pixel 6aでも注目が集まっていた箇所である。

この動画を見るかぎり、指紋認証は1回だけで成功し、速やかにロック解除されているようだ。Googleは「Pixel 6aにはPixel 6/ Proとは異なる画面内指紋センサーが搭載されている」と回答していたが動作に不安はなさそうでもあり、期待してもいいかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー