iPhone 14 Proを上回るかどうかは保留

「Galaxy S23 Ultra」らしきベンチマーク結果が発見。前モデルから大幅性能アップか

Image:aniel Chetroni/Shutterstock.com

サムスンの次期フラッグシップ機「Galaxy S23」シリーズは公式には発表されていないが、2023年初めに登場する手がかりは認証機関のデータベースから発見済みだ。そんななか、最上位モデルの「Galaxy S23 Ultra」らしきスコアが、ベンチマークアプリ「Geeknbench」の報告サイトに掲載されている。

インドメディアのMySmartPriceが発見したデータによれば、そのモデル番号は「SM-S918U」とされ、ベンチマーク結果からはクアルコム製のSnapdragon 8 Gen 2(コードネーム「Kalama」)を搭載していることが読み取れる。もちろんOSは、最新のAndroid 13である。

そしてGeekbench 5によるベンチマーク結果は、シングルコアが1521,マルチコアが4689。その数日前に発見されていた「Galaxy S23」のスコアがそれぞれ1524と4597であり、シングルはほぼ同じながらもマルチコア性能が少し向上しているようだ。この数値は、サムスン製Exynos 2200を搭載した「Galaxy S22 Ultra」(シングルコア1186、マルチコア3759)からは素晴らしい飛躍といえる。

では、最新のiPhoneに比肩、ないし超える性能となっているのか? 有名リーカーのAnthony氏(@TheGalox_)は、iPhone 14 Proとの比較をツイートしている。

Anthony氏のテストでは、iPhone 14 Proはシングルコア1865、マルチコアが4633。つまり「Galaxy S23 Ultraはシングルで劣り、マルチで優る」結果とされているが、iPhone 14 Proがそれぞれ1874と5605だった、とフォロワーがリプライで指摘している。

また、やはり有名リーカーのice universe氏がテストした結果も、iPhone 14 Proがシングル・マルチ共に上回っていた。Galaxy S23 Ultraは未発売の製品のため、Geekbench 5が十分に対応していない可能性もある。iPhone 14 Proとの勝負はいったん棚上げとして、前世代のGalaxy S22シリーズより大幅に性能が向上していることは確かそうであり、大いに期待したいところだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー