気になるトピックの広告を増やすことも

Googleが「マイアドセンター」提供開始。広告を自身で管理可能に

image:Google

Googleは10月20日(現地時間)、5月に開催されたGoogle I/Oで予告していた「My Ad Center(マイアドセンター)」の提供を開始すると発表した。Google検索やYouTube、Discoverに表示される広告をユーザー自身が管理しやすくするための機能だ。

順次展開されているこの機能が利用可能になると、Googleアカウントにログインした状態でGoogle検索、YouTube、Discoverに表示された広告から直接マイアドセンターにアクセスし、興味のない広告の表示を制限したり、好みの企業やトピックの広告を増やすといったことが行えるようになる。これらは、すでに「広告のカスタマイズ」から行えるのだが、それをより利用しやすくした格好だ。画面遷移せずに設定を行えるので、オンライン上での作業を中断することもない。

たとえば、何か月も下調べをして行った旅行から帰ってきたあと、旅行関連の広告は不要と感じるだろう。その場合には、表示された広告の横にある3点メニューをタップしてマイアドセンターにアクセスし、不要になった広告の表示を減らすことができる。

また、マイアドセンターでは、表示されるパーソナライズド広告に使用される個人情報を管理することができる。Googleが広告に利用している情報を確認でき、必要に応じて制限も行えるとのことだ。

このほか、YouTubeで履歴を有効にしていても、その内容を広告に反映させないといった設定も行えるようになる。この場合も、YouTubeのフィードに表示されるおすすめには影響しない。

なお、Googleのパートナーサイトやアプリなど、Googleサービス以外の場所でもGoogleの広告ネットワークを通じて広告が配信されるが、マイアドセンターでの設定は、それらの広告全てに反映されるとのことだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー