買い切り版ではOfficeの名前が残ります

マイクロソフト、「Office」ブランドを「Microsoft 365」に改名。11月から順次切り替え

Image:dennizn/Shutterstock.com

米Microsoft(以下、MS)は、10月12日(現地時間)に開催したオンラインイベント「Microsoft Ignite 2022」で、「Office」全般を「Microsoft 365」に改名することを発表した。Office.comやOfficeのモバイルアプリ、Windows用Officeアプリがすべて「Microsoft 365」ブランドに切り替えられる。

これによりExcelやOutlook、WordやPowerPointなどの既存アプリがなくなるわけではないが、今後は「Microsoft Office」ではなく、「Microsoft 365」の一部として言及されることになる。

MSは2年前に「Office 365」サブスクリプションを「Microsoft 365」に改名して以来、この新たなブランドの展開を続けてきたが、今回の変更はより広範にわたるものだ。MSはFAQのなかで「今後数ヶ月内にOffice.com、Officeモバイルアプリ、Windows用のOfficeアプリは、新たなアイコン、新たな外観、さらに多くの機能を備えたMicrosoft 365アプリになる」と予告している。

Image:Microsoft

つまりOfficeアプリは、近日中にすべて「Microsoft 365」ブランドとなり、新たなロゴが冠せられるということだ。まず11月にOffice.com向けに変更が始まり、2023年1月からWindows上のOfficeアプリとモバイルアプリ(iOSおよびAndroid版)のアイコンや見かけが変わる予定である。

Microsoft 365には、Teams、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Loop、Clipchamp、Stream、そして新たなDesignerアプリ (文章から画像を生成するAI「DALL-E 2」が組み込まれている)が含まれる見通しだ。

既存のアカウントやプロファイル、サブスクリプションやファイルへの影響は一切なく、アプリは自動的にアップデートされ、ユーザーは特に準備をする必要はない。

なお、「Office」ブランドが完全に消滅する訳ではない。買い切り版の「Office 2021」などは引き続き残る予定であり、「Office」の名前と直ちにお別れということにはならないようだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー