画面分割やスタイラスに対応

Google「Pixel Tablet」2023年発売。Tensor G2搭載、ドック接続でスマートスピーカーに

Gadget Gate

Image:Google/YouTube

Googleは、Pixelシリーズ初のタブレット「Pixel Tablet」を2023年に発売する。なお、詳細および発売日については、決まり次第あらためて案内するとしている。

今年5月に行われた「Google I/O」でお披露目されたタブレットの追加情報が、10月6日開催の「Material You」イベントで明かされた格好。Google I/Oではチラ見せされたのみだったが、今回、より詳細な情報が明かされた。

「Pixelスマートフォンやスマートホーム機器との完璧なコンパニオン」として設計されたとしており、SoCにはPixel 7/7 Proで採用された「Tensor G2」を搭載。機械学習による高度な処理をサポートし、写真編集、ビデオ、通話、Googleアシスタントなど、Pixelスマートフォンに搭載する独自機能が本機でも利用できる。

Image:Google/YouTube

OSはAndroidを搭載しており、「Pixelスマートフォンが常にAndroidの最高かつ純粋な表現であるように、Pixel TabletはタブレットでAndroidを体験する最高の方法」だとGoogleは説明。Android 12から導入された「Material You」に対応し、壁紙やロック画面の色に合わせたUIカラーのパーソナライズが行える。またタブレットならではの大画面を活かすため、アプリの分割表示や、スタイラスによる手書き機能などもサポートするという。

本体素材は100%リサイクルのアルミニウムとなり、表面には小さなセラミック粒子を用いたナノセラミックコーティングが施されている。

Image:Google/YouTube

別売の「充電スピーカードック」を使用することで、画面付きスマートスピーカーのように使える。タブレットを使わないときであっても、スマートホーム機器として利用できる。キッチンで料理をしながらお気に入りの番組を楽しんだり、Googleアシスタントでハンズフリー操作をしたりといったことも可能だ。

ドックとPixel Tableの接続はマグネット式で、「簡単にドッキング/解除できるように、マグネットの調整に細心の注意を払っている」とのこと。Tabletの背面には金属接点を備えており、ドックに接続している間はタブレットの充電も行われる。

Image:Google/YouTube

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー