総出荷台数については見方が分かれる

新顔の 「iPhone 14 Max(仮)」いきなり発売遅延?中国ロックダウン影響との報告

写真はiPhone 13(Image:Apple)

アップルの次期スマートフォン「iPhone 14 Max(仮)」について、その生産が3週間遅れているとの情報を、Haitong International SecuritiesのJeff Puアナリストが報告している。

今年のiPhoneは、6.1インチの「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」と、6.7インチの「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro Max」の、計4機種の投入が噂されている。

もちろん「Pro」の名称がつくのがハイエンドモデルで、フロントカメラ/Face IDのパンチホールデザイン背面カメラのスペック強化画面の常時点灯などが、噂として語られている。

一方、iPhone 14シリーズの開発計画に関しては、以前から遅れが指摘されていた。英字メディアのNikkei Asiaによると、中国の新型コロナウイルスによるロックダウンの影響により、機種は特定していないもののiPhone 14シリーズの開発が3週間遅れていることが報じられていた。今回9to5Mac記事で、その遅れている機種が「iPhone 14 Max(仮)」であると報告があった次第だ。

9to5Macが紹介するPuアナリストのレポートによれば、アップルは生産遅れの影響を軽減するために、iPhone 14シリーズを予定より早く量産するという。報道によれば、iPhone 14 Maxの生産はPegatronが担当するが、その生産開始は公式発表のわずか数週間前、8月下旬になると予測されているのだ。

さらにPu氏は、アップルは年内にiPhone 14シリーズを9100万台出荷し、2021年に8400万台を出荷したiPhone 13シリーズを上回るとも報告している。

一方で著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は、iPhone 14 Maxの生産は確かに遅れているものの、現時点ではまだアップルのコントロール下にあり、iPhone 14シリーズの出荷計画は変更されていないと報告している。

iPhone 14シリーズに限らず、新型iPhoneの生産遅れや発売日の延期の噂は、これまで何度も報じられてきた。2017年に発売された「iPhone X」は実際に他のモデルから遅れて発売されることとなったが、はたしてiPhone 14 Maxは、他のiPhone 14シリーズと同時投入にこぎつけることができるのだろうか。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー