発見タブでのおすすめ動画提案も

TwitterでTikTok風の動画全画面表示が可能に。2つの新機能を発表

Image:Twitter

Twitterは9月29日(現地時間)、Twitter上での動画視聴に関する2つの新機能を発表した。同社によれば、「誰もが簡単に、自分に合った方法でサービスを利用できるようにしたいと考えており、動画はその重要な一部」だとしている。

1つ目の機能は「immersive media viewer」と呼ぶもので、動画をタップすると全画面表示になり、その後は上にスクロールするだけで、動画投稿のみが次々と表示される。ようするに、TikTokとほぼ同様のインターフェースになるわけだ。左上の矢印ボタンをタップすれば、通常の表示に戻ることができる。この機能は、iOSで英語にてTwitterを利用しているユーザー向けに近日中に提供される。

もう1つの機能は、「発見」タブ内に追加される「Video for You」セクションだ。ここには、ユーザーにおすすめの動画がカルーセル表示される。タップすると全画面表示で再生され、スクロールで次の動画に移るのは先ほどの「immersive media viewer」と同様だ。

こちらの機能はすでに、iOSとAndroidで英語にてTwitterを利用しているユーザーには提供されている。日本でもシステムの言語を英語にすれば利用可能だ。

InstagramやFacebook、YouTubeのTikTok化が話題になることが多いが、今回のアップデートはTwitterのTikTok化と言ってもいいだろう。Twitter上で動画を見ることに、どれだけの需要があるのか気になるが、Twitterによれば「Twitterで共有された動画は、毎年合わせて数十億ビューを獲得している」とのことだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー